泌尿器科

  • 診療内容

    特色

    佐久総合病院本院では、泌尿器科全般の初期治療および慢性期治療に加え、外来で可能ながん治療を扱っています。また、腹腔内手術以外の泌尿器科手術に対応するほか、当院地域ケア科との連携のもと、泌尿器科医師による訪問診療も行なっています。患者さん一人ひとりに合わせたきめ細かい医療を提供していけるよう努めています。女性泌尿器分野は女性泌尿器科として個別に対応しています。

    診療内容

    ・佐久総合病院本院の泌尿器科外来は、平日午前の受付時間内であれば紹介状の有無にかかわらず受診可能です。再診は原則予約制とし、泌尿器学会専門医/指導医の資格を有する常勤医師2名(男性医師1名、女性医師1名)、非常勤医師1名(女性医師)で診療を行なっています。

    ・女性医師による診療が可能です。常勤医師1名、非常勤医師1名が外来診療を行っています。女性医師による診療をご希望の方は、外来窓口でご相談ください。

    ・外来では、泌尿器系がんの精密検査、排尿障害(前立腺肥大症、尿失禁など)の診断治療、泌尿器系がんの緩和医療など全般に対応していますが、男性不妊については対応していません。泌尿器系がんの緩和医療、終末期ケアに関しては、当院地域ケア科との連携のもと訪問診療も行なっており、積極的に対応しています。

    ・検査では超音波検査、CT、MRI、軟性膀胱鏡、尿流測定、膀胱内圧測定などを行なっています。前立腺がんの精密検査にはMRIを積極的に導入し、確定診断には原則として経直腸的前立腺針生検を1泊2日で行なっています。必要に応じて佐久医療センター高機能診断センターに検査依頼をしています。

    ・診断の結果、高度医療機関での精査加療が適切と判断した場合は、佐久医療センターをはじめ他医療機関を紹介しています。当院では、経尿道的手術や経腟手術を含めた短時間の手術に対応可能です。尿路結石に対する体外衝撃波結石破砕術は行なっていませんので、手術が必要な方は設備の整っている医療機関へ紹介となります。
     

  • 取り扱っている主な疾患

    ・泌尿器系悪性疾患
    ・泌尿器系良性疾患(排尿障害、尿失禁、尿管結石など)

  • 実績

    2021年度実績

    患者数
    外来初診患者数 1,464
    新入院患者数  280

     

    ●主な検査・手術

      2021年 2020年 2019年 2018年
    前立腺針生検 143 125 111 109
    経尿道的前立腺核出術 11 13 10 4
    経尿道的膀胱腫瘍切除術 43 48 36 54
    高位精巣摘出術 2 1 3 2
    その他 47 25 47 54

    ●PDCデータ
    (入院患者さんが入院期間全体を通じて治療した傷病のうち、最も「人的・物的医療資源を投入した傷病名」です)

    主要疾患 件数
    前立腺の悪性腫瘍 102
    膀胱腫瘍 42
    生殖器脱出症 34
    骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 14
    前立腺肥大症等 12
    腎臓又は尿路の感染症 12
    下部尿路疾患 10
    男性生殖器疾患 9
    急性腎不全 3
    腎、泌尿器の疾患(その他) 3
    241

    上位10位までを掲載しています

  • 医師紹介

      泌尿器科

    • 部長 柏原 剛  (かしわばら たけし)  卒年1990
      • 専門分野

        ・泌尿器科一般
        ・前立腺疾患

      • 取得資格

        ・日本泌尿器科学会 専門医・指導医

      • 所属学会

        ・日本泌尿器科学会

    • 副部長 須田 紗代  (すだ さよ)  卒年2004
      • 専門分野

        ・泌尿器科一般
        ・女性泌尿器科

      • 取得資格

        ・日本泌尿器科学会 専門医・指導医

      • 所属学会

        ・日本泌尿器科学会
        ・日本女性骨盤底医学会
        ・日本骨盤臓器脱手術学会
        ・日本排尿機能学会
        ・日本老年泌尿器科学会

  • 紹介時のお願い

    佐久総合病院本院では、今までと同様に泌尿器科領域全般の診療を行なっております。早期がんの診断治療から、排尿障害(前立腺肥大症、尿失禁など)、泌尿器科がんの緩和療法(終末期がん治療)など、泌尿器疾患全般でお困りの方のご紹介をお受けいたします。

    本院では、紹介状がなくても毎日の新患受診が可能です。佐久医療センターと密に連携をとりながら診断・治療にあたります。

    経尿道的手術(膀胱がん、前立腺肥大症、膀胱結石など)は腰椎麻酔下で3~4日間の入院で行なっています。尿路結石手術(体外衝撃波結石破砕術、レーザー砕石術)、腹腔鏡手術は当院では行なっておりません。骨盤臓器脱や腹圧性尿失禁の手術治療は女性泌尿器科にご紹介ください。