産科

  • 診療内容

    特色

    産婦人科は、地域周産期母子医療センターである周産期センター機能と地域の分娩施設としての機能、地域がん拠点病院の機能と一般婦人科診療の機能をあわせた診療を行ないます。婦人科検診はこれまでのようには行なえないものの地域の女性のために継続します。

    診療内容

    産科は、地域周産期母子医療センターとして周産期センターを併設し診療を行っています(周産期センターに関しては別に紹介あり)。
    また産科では、これまで佐久総合病院で行ってきた地域の分娩施設としての、正常分娩も受け入れています。
    問題を抱えた異常妊娠・異常分娩にも対応しながら、自然な妊娠出産も支援しています。
    いわば以前佐久病院が行っていた「2足のわらじ」を行っています。
    臼田の佐久総合病院には産科の機能も婦人科の機能も継続できませんでしたので、当センターでその機能を受け継いでいます。
    外来診療(妊婦健診)から、妊婦さんの特徴や悩み、問題を共有し、妊娠経過をより安全に導き、入院出産へと継続しています。
    退院後も1か月健診に限らず地域の行政や保健師と連携して産後の支援につなげています。
    平成25年度の総分娩数は780例、うち帝王切開163例(20.9%)で全国的にみれば比較的低率です。
    医学的必要性のない限り骨盤位や帝王切開後の分娩、双胎分娩も自然分娩を基本としています。
    小児科との連携は密接で、帝王切開・骨盤位等異常分娩時の立ち会い・低出生体重児・早産児等の管理・正常新生児の回診も小児科医が担当しています。
    合併症を有するハイリスク妊娠は、関連各科と密に連絡をとり、慎重に管理しています。
    帝王切開時の麻酔は麻酔科医が担当し、麻酔科と手術室スタッフの協力により、緊急時も迅速な対応が可能です。
    また助産師による妊婦への個人指導を充実させ、妊産婦の援助に努めています。
    両親学級を行い、夫立ち会い分娩(希望者)も行っています。尚、お産後の1週間検診を行っています。
    さらに骨盤ケアやマタニティヨガも行い(不定期開催)、妊婦さんの健康管理に努めています。

  • 取り扱っている主な疾患

    異常妊娠(合併症妊娠、産科合併症、多胎など)、既往帝王切開後妊娠、産後の異常などを受け入れています。
    妊婦健診に関しては、地域の産科施設と連携し、妊娠後期までの検診はできるだけ他施設で行っていただくようにお願いしています。
    妊娠後半になっての紹介や、異常があった場合など必要があっての紹介はいつでもお受けしています。
    分娩制限は行っておりません。
    但し、当周産期センターでの出産は28~30週以前の場合にはお受けできません。
    出産された赤ちゃんは、こども病院に搬送となります。
    以前帝王切開で出産された方、双胎や骨盤位(逆児)の方の分娩様式も検討したうえで経腟分娩を行っています。

  • 実績

    平成27年実績(集計期間:2015年1月1日~12月31日)

    患者数 
     外来初診患者数 1,913 
     新入院患者数 1,509 
      3,422 

    項目 件数
     分娩 737
     帝王切開 143(19.40%)
    早産 38(5.16%)
    骨盤位経膣分娩 3
    双胎分娩数 13

  • 医師紹介

      産科

    • 部長小口 治 (おぐち おさむ) 卒年1986
      • 専門分野

        ・婦人科腫瘍学
        ・緩和治療

      • 取得資格

        ・日本産科婦人科学会産婦人科専門医
        ・日本婦人科腫瘍学会専門医
        ・日本婦人科腫瘍学会指導医
        ・日本癌治療認定医機構認定医
        ・母体保護法指定医

      • 所属学会

        ・日本産科婦人科学会
        ・日本婦人科腫瘍学会
        ・日本がん治療認定医機構
        ・日本救急医学会
        ・日本緩和ケア学会

    • 副部長仲井 育子 (なかい いくこ) 卒年1977
      • 専門分野

        ・産婦人科全般

      • 取得資格

        ・日本産科婦人科学会産婦人科専門医
        ・母体保護法指定医

      • 所属学会

        ・日本産科婦人科学会
        ・日本周産期新生児学会
        ・日本婦人科腫瘍学会
        ・日本生殖医療学会
        ・日本産婦人科手術学会

    • 医長近藤 沙織 (こんどう さおり) 卒年2003
      • 専門分野

        ・婦人科腫瘍学

      • 取得資格

        ・日本産科婦人科学会産婦人科専門医

      • 所属学会

        ・日本産科婦人科学会
        ・日本産婦人科医会
        ・日本婦人科腫瘍学会
        ・日本産婦人科内視鏡学会
        ・日本産婦人科手術学会
        ・日本周産期・新生児医学会

    • 医師阿部 史朗 (あべ しろう) 卒年1981
      • 専門分野

      • 取得資格

        ・日本産科婦人科学会産婦人科専門医
        ・日本産科婦人科学会産婦人科指導医
        ・日本周産期・新生児医学会専門医(母体・胎児)

      • 所属学会

        ・日本産科婦人科学会
        ・日本周産期・新生児医学会
        ・日本女性医学学会

    • 医師角田 英範 (つのだ ひでのり) 卒年2009
      • 専門分野

      • 取得資格

        ・日本産科婦人科学会産婦人科専門医

      • 所属学会

        ・日本産科婦人科学会
        ・母子衛生学会

    • 医師山中 桜 (やまなか さくら) 卒年2013
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本産科婦人科学会
        ・日本婦人科腫瘍学会

  • 紹介時のお願い

    当科では、分娩制限を行っておりません。
    早期に受診して分娩予約を取る必要はありませんので、適切な時期に紹介をお願いいたします。
    順調な経過であっても、遅くとも妊娠32週までには、ご紹介いただき当科での診療が始まるようにお願いいたします。

    ●帰省分娩の方:[里帰り分娩をお考えの方へ] をご覧ください
    ●近隣の施設よりの紹介のかた:現在受診されている産科医療施設の先生にご相談ください。
     予約の取得方法は以下の手順です。
        ①現在受診中の産科施設に紹介状を作成していただく。
        ②その施設を通じて当院の地域医療連携室に紹介状をFAXで送信をして下さい。
        【FAXで送っていただく書類】
         ・紹介状(受診希望日・立ち会い分娩の希望など併せて記載して下さい)
         ・検査データ(血液検査・おりもの検査・子宮がん検診など)
         ・その他(現在の主治医が必要と判断した診療情報)
        ③予約日は通院中の医療機関にご連絡しご本人に伝えていただきます。
        ④血液型・不規則抗体は他院で検査されていても、分娩時の突然の大量出血に伴う輸血を考慮し
         当院で再検査します。
         ご了承下さい。
    ●前回のお産が帝王切開の方、多胎妊娠、早めの転院を医師より勧められている方は現在の主治医の
     指示に従い、早めに予約をお願いします。

    ◆お問い合わせ、予約の窓口
    〒385-0051  長野県佐久市中込3400-28
    JA長野厚生連  佐久医療センター
    【お問い合わせ】
    産科外来(15:00~16:30)
    TEL:0267-62-8181(代表)内線2154
    【予約申し込み】
    地域医療連携室(8:30~17:00)
    TEL:0267-88-7316(直通) 0267-62-8181(代表)内線2176 2177
    FAX:0267-88-7248