消化器外科

  • 診療内容

    特色

    食道から直腸肛門までの消化管疾患と肝臓・胆嚢・胆管・膵臓の疾患に対して外科診療を行います。
    がんを中心とした悪性疾患から、炎症・腸閉塞・鼠径ヘルニア・良性腫瘍など良性疾患、さらに救急疾患に対する治療を主に行います。主に手術加療を中心とした診療体制です。

    診療内容

    消化器外科は診療体制が臓器別グループに分かれており、消化器がん手術に関しては各専門医が診療を担当いたします。良性疾患、救急疾患に関しては全グループにて対応いたします。
    ●  上部消化管外科(食道、胃領域)グループ  (責任者:竹花卓夫)
    ●  下部消化管外科(結腸、直腸領域)グループ (責任者:秋山 岳)
    ●  肝胆膵外科(肝胆膵領域)グループ     (責任者:恩田真二)
     

    ■上部消化管外科

    上部消化管外科では食道疾患、胃疾患の外科治療を担当しています。
    食道がん、食道胃接合部がん、胃がん、胃粘膜下腫瘍(GIST)を主に取り扱っており、進行度および全身状態に応じて手術術式を選択しています。食道がんに対しては、胸腔胸手術を第一選択としており、根治性と低侵襲性の両立を目指しています。胃がんに対しても積極的に腹腔鏡手術を用いており、胃がん手術全体の約半数を腹腔鏡手術で行なっています。食道がん、胃がんともに進行がんでは、腫瘍内科・消化器内科と協力し、術前・術後の化学療法を組み合わせた集学的治療を行い、治療成績の向上に努めています。胃粘膜下腫瘍では内視鏡内科による内視鏡治療と同時に行う合同手術(LECS)を積極的に行い、術後QOLも重視した手術方法を工夫しています。
    消化管穿孔による腹膜炎、腸閉塞症、鼠径ヘルニア、虫垂炎、胆嚢炎などの診察も行なっており、緊急手術にも迅速に対応しています。
     

    ■下部消化管外科

    結腸および直腸がん手術の98%を鏡視下手術で行なっております。
    がんの進行度に応じた手術術式を選択して、術前カンファレンスにて最終決定を行います。また、良性疾患(虫垂炎・憩室炎・胃および大腸穿孔などの腹膜炎症例・腸閉塞・ヘルニア)に対しても97%は鏡視下手術で行なっております。
     

    ■肝胆膵外科

    主に肝臓、胆嚢、胆管、膵臓の病気を担当しています。消化器がんに共通して、手術で患部を取り除くことは、病気を治すために最も効果的な治療法となります。しかしながら、病気の進行度によっては切除が困難な患者さんもおられ、肝・胆・膵の領域ではそのような患者さんが特に多くなっています。
    我々は地域の拠点病院の使命として、一般的には切除が困難な患者さんに対しても、病院一丸となった協力体制と確実な技術で切除の可能性を追求しています。日本肝胆膵外科学会が、“安全で確実な肝胆膵領域手術を提供できる医師”を肝胆膵外科高度技能専門医として厳密な審査にて資格認定しており、2020年6月現在、全国で359名ほどが認定を受けています。当院には1名の有資格者が常勤しております。
    また、当院は2019年6月に高度技能専門医修練施設(A)に認定されました。長野県内のA認定施設は当院を含めて2施設のみです。肝胆膵外科手術の中でも、より難度が高い術式に関して、①年間の手術件数が多いこと、②選択した術式が的確であること、③手術時間や出血量に問題がないこと、④患者さんの手術後の経過が良いこと、などが外部機関によって厳正に審査され、認定されました。大きな手術が多い領域ですが、患者さんに安心して当院で治療を受けていただきたいと思います。
     

  • 取り扱っている主な疾患

    ■消化管疾患

    良性疾患:鼠径ヘルニア・大腿ヘルニア・腹壁瘢痕ヘルニア・閉鎖孔ヘルニア・直腸脱・虫垂炎・憩室炎・腸閉塞・虚血性腸炎・慢性炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)・腹腔内膿瘍や骨盤内膿瘍など。
     

    ■肝胆膵疾患

    肝臓がん(原発性、転移性)、胆管がん、胆嚢がん、膵臓がん、十二指腸乳頭部がん
     

  • 実績

    2021年度実績

    患者数
    外来初診患者数 884
    新入院患者数  1,167

     

    ●手術件数

    主要疾患 主要疾患 件数
    胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術   25
    胃切除術 腹腔鏡下胃切除術  58
    開腹下胃切除術 24
    肝切除術   44
    膵切除術 膵頭十二指腸切除術 24
    膵体尾部切除術 18
    結腸直腸悪性腫瘍手術 腹腔鏡下結腸切除術 112
    腹腔鏡下直腸切除切断術 88
    開腹下結腸切除術
    (腹腔鏡:98% 開腹:2%)
    2
    腹腔鏡下胆嚢摘出術   150
    腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術   118
    腹腔鏡下虫垂切除術   72
    その他 583
    1,318

  • 医師紹介

      消化器外科

    • 統括外科部長 兼 消化器外科統括部長 竹花 卓夫  (たけはな たくお)  卒年1994
      • 専門分野

        ・消化器外科(食道・胃)

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医
        ・日本消化器外科学会 専門医・指導医
        ・日本消化器病学会 専門医・指導医
        ・日本食道学会 食道科認定医・食道外科専門医
        ・日本内視鏡外科学会 技術認定医【消化器・一般外科(胃)】
        ・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
        ・消化器がん外科治療認定医
        ・医学博士

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本消化器病学会
        ・日本食道学会(評議員)
        ・日本胃癌学会(代議員)
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本臨床外科学会

    • 部長 秋山 岳  (あきやま がく)  卒年2004
      • 専門分野

        ・下部消化管

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医
        ・日本内視鏡外科学会 技術認定医【消化器・一般外科(大腸)】

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本臨床外科学会
        ・日本大腸肛門学会
        ・日本腹部救急医学会
        ・日本ヘルニア学会

    • 部長 恩田 真二  (おんだ しんじ)  卒年2005
      • 専門分野

        ・消化器外科(肝胆膵)

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医・指導医
        ・日本消化器外科学会 専門医・指導医
        ・日本消化器病学会 専門医・指導医
        ・日本肝臓学会 肝臓専門医・指導医
        ・日本肝肝膵外科学会 高度技能専門医
        ・日本胆道学会 指導医

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本消化器病学会
        ・日本肝臓学会
        ・日本肝肝膵外科学会
        ・日本胆道学会
        ・日本コンピュータ外科学会
        ・癌治療学会
        ・日本内視鏡外科学会

    • 副部長 杉原 毅彦  (すぎはら たけひこ)  卒年1998
      • 専門分野

        ・下部消化管

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医
        ・マンモグラフィ読影認定医

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本臨床外科学会
        ・日本ヘルニア学会

    • 副部長 山本 一博  (やまもと かずひろ)  卒年2005
      • 専門分野

        ・上部消化管

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医
        ・日本消化器外科学会 専門医・消化器がん外科治療認定医
        ・日本食道学会 食道科認定医
        ・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本臨床外科学会
        ・日本胃癌学会
        ・日本食道学会

    • 医長 真岸 亜希子  (まぎし あきこ)  卒年2007
      • 専門分野

        ・下部消化管

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医
        ・日本内視鏡外科学会 技術認定医【消化器・一般外科(大腸)】

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本臨床外科学会

    • 医長 河合 俊輔  (かわい しゅんすけ)  卒年2008
      • 専門分野

      • 取得資格

        ・日本外科学会専門医
        ・日本がん治療認定医機構がん治療認定医

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本消化器病学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本腹部救急医学会

    • 医長 白井 祥睦  (しらい よしひろ)  卒年2010
      • 専門分野

        ・肝胆膵外科

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医
        ・日本消化器外科学会 専門医
        ・日本消化器病学会 専門医
        ・日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
        ・日本癌治療学会 消化器がん治療認定医
        ・医学博士

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本消化器病学会
        ・日本肝胆膵外科学会
        ・日本消化器内視鏡学会
        ・日本癌治療学会

    • 医師 堀内 尭  (ほりうち たかし)  卒年2011
      • 専門分野

      • 取得資格

        ・日本外科学会 専門医
        ・医学博士

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本肝胆膵外科学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本消化器病学会
        ・日本内視鏡学会
        ・日本臨床外科学会

    • 医師 當間 大樹  (とうま だいき)  卒年2013
      • 専門分野

        ・上部消化管

      • 取得資格

        ・麻酔科標榜医

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本臨床外科学会

    • 医師 羽村 凌雅  (はむら りょうが)  卒年2014
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

    • 医師 遠藤 秀俊  (えんどう ひでとし)  卒年2016
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本臨床外科学会
        ・日本胃癌学会
        ・日本食道学会

    • 医師 依田 惇志  (よだ あつし)  卒年2017
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本外科学会
        ・日本消化器外科学会
        ・日本内視鏡外科学会
        ・日本臨床外科学会

  • 紹介時のお願い

    消化器外科は診療体制が各臓器別に分かれており、上部消化管(食道、胃)グループ(責任者:竹花卓夫)、下部消化管(結腸、直腸)グループ(責任者:秋山 岳)、肝胆膵グループ(責任者:恩田真二)となっています。
    上記医師の外来日以外をご希望の方は、ご連絡いただければ対応いたします。

    ご紹介の場合、事前に紹介状および可能な範囲で画像の添付があると幸いです。なるべく早急に対応すべく、専門医の判断で受診時当日検査を行う場合があります。腹部に関しては腹部造影CTなどの検査が受診時に行われる場合がありますので、食事摂取の有無、糖尿病の有無、内服薬の情報をお願いできれば幸いです。

    緊急を要する場合は予約センターにお伝えください。専門医を介し早急に対応するようにしたいと思います。進行が早い疾患もありますので、手術適応か迷う場合や診断に苦慮する場合でも、他科との連携で対応いたしますので早めにご紹介いただけますと幸いです。