整形外科

  • 診療内容

    特色

    麻痺を有する脊椎疾患や重度外傷など、緊急性と重症度の高い患者さんの治療が行えるよう、人員と設備、技術を整えています。一般的な外傷や疾患についても最新技術の習得に努め、より安全で侵襲の少ない手術を実施して、早期に社会生活に復帰できるようサポートいたします。

    診療内容

    ●脊椎疾患

    頚髄症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの変性疾患の治療を中心に脊椎疾患全般にわたる診療をしています。椎間板ヘルニア摘出手術・バルーン式椎体形成術(BKP)などの治療法を導入する一方、坐骨神経痛や頚部神経根症に対する各種の神経ブロック治療、骨粗鬆症の治療にも力を入れています。従来は脊椎の手術は大手術とされていましたが、大部分の脊椎手術では手術後1~2日で座位・歩行ができ、入院期間も、手術してから2~3週間と短くなっています。また、ナビゲーション術中CT脊髄モニタリング装置を用いたより安全な手術を行なっています。脊椎外科専門医が複数人体制で診療しておりますので、より一層の手厚い加療が可能となっています。

    ●上肢疾患

    骨折、脱臼、腱断裂、神経断裂などの怪我に対しては必要な手術を迅速に行うとともに、患者さんの生活や必要性に応じた保存療法にも力を入れています。神経断裂・腱断裂や絞扼性神経障害、手指変形性関節症など専門医の加療が望ましい場合には日本手外科学会認定専門医が対応します。

    ●関節外科

    股関節外科医が毎週火曜日と隔週の金曜日、膝関節外科医が月に1~2回外来診療を行い、人工関節や関節鏡手術も行なっております。また、2021年4月からは膝関節の専門医が常勤で加わりました。

    ●外傷

    当院は3次救急に対応しており、他科と連携し、軽症例から重症例まで幅広く受け入れています。整形外科医が常時2名以上待機の体制をとり、夜間・休日の開放骨折・脊髄損傷・多発外傷にも迅速に対応できるようになっており、手術室・麻酔科医の協力のもと、必要に応じて緊急手術を行なっています。また、大学から重度外傷専門医を招聘して指導を受けています。
    高齢者の大腿骨骨折に関しては、低侵襲手術を積極的に取り入れ、術後早期の日常生活への復帰に努めています。合併症のある患者さんに対しては、他科のサポートのもと、できるだけ安全に早期手術・早期リハビリを行い、安静期間を最短として合併症の発生防止に努めています。

  • 取り扱っている主な疾患

    ●脊椎疾患

    椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、頚椎症性脊髄症、腰曲がり、脊髄腫瘍、脊椎損傷、脊髄損傷など

    ●上肢疾患

    手根管症候群、肘部管症候群、神経・腱・靱帯損傷など

    ●外傷

    骨折、脱臼、農機具損傷、交通外傷など

    ●関節疾患

    変形性股関節症、変形性膝関節症など

    2019年4月1日更新

  • 実績

    2021年度実績

    ●患者数

    患者数
    外来初診患者数 1,350
    新入院患者数  937

     

    ●手術数

    手術総件数:974症例

    内訳(一部)

    脊椎手術   327
      頚椎   60
      胸椎   44
      腰椎   220
      転移性脊椎腫瘍 3
      脊椎感染性疾患 26
        <代表的な手術>  
        頸椎椎弓形成 35
        頚椎前方除圧固定 8
        腰椎後方椎体間固定 59
        ヘルニア摘出 30
        椎体亜全摘+前後合併固定 4
        経皮的椎体形成 12
           
    上肢関連手術 356
        <代表的な手術>  
        橈骨遠位端骨折 47
        手根管症候群 62
        肘部管症候群 16
           
    大腿骨近位部骨折 79
           
    人工関節(股関節:41例、膝関節:23例) 64
           
    脛骨高位骨切り術 2

  • 医師紹介

      整形外科

    • 整形外科統括部長 福島 和之  (ふくしま かずゆき)  卒年1997
      • 専門分野

        ・脊椎脊髄外科

      • 取得資格

        ・日本整形外科学会 専門医・認定脊椎脊髄病医
        ・日本脊椎脊髄病学会 指導医・脊椎脊髄外科専門医
        ・身体障害者福祉法15条指定医
        ・医学博士

      • 所属学会

        ・日本整形外科学会
        ・日本脊椎脊髄病学会
        ・日本腰痛学会
        ・東日本整形災害外科学会
        ・日本骨折治療学会
        ・日本脊椎脊髄神経手術手技学会

    • 副部長 片桐 健太  (かたぎり けんた)  卒年2007
      • 専門分野

        ・膝
        ・スポーツ

      • 取得資格

        ・日本整形外科学会 専門医
        ・日本人工関節学会 認定医
        ・日本スポーツ協会公認スポーツドクター
        ・医学博士

      • 所属学会

        ・日本整形外科学会
        ・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
        ・日本人工関節学会
        ・日本臨床スポーツ医学会

    • 医師 串田 淑久  (くしだ よしひさ)  卒年2010
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

    • 医師 元吉 貴之  (もとよし たかゆき)  卒年2012
      • 専門分野

        ・脊椎

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本整形外科学会
        ・日本脊椎脊髄病学会
        ・東日本整形災害外科学会

    • 医師 塩川 司  (しおかわ つかさ)  卒年2018
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

    • 医師 林 直輝  (はやし なおき)  卒年2018
      • 専門分野

        ・整形外科一般

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本整形外科学会

    • 医師 清水 湧太  (しみず ゆうた)  卒年2019
      • 専門分野

        ・整形外科一般

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本整形外科学会

    • 顧問 黒佐 義郎  (くろさ よしろう)  卒年1979
      • 専門分野

        ・脊椎脊髄外科

      • 取得資格

        ・日本整形外科学会 専門医・認定脊椎脊髄病医
        ・日本脊椎脊髄病学会
        ・身体障害者福祉法15条指定医

      • 所属学会

        ・日本整形外科学会
        ・日本脊椎脊髄病学会
        ・日本腰痛学会

  • 紹介時のお願い

    ・緊急を要する患者さん(脊髄麻痺、下垂足、馬尾性排尿障害、転移性脊椎腫瘍、開放骨折、手・指の切断、血管損傷、脱臼、重度の感染などの場合)は、直接整形外科医にお電話ください。
    ・リウマチの診断や内科的加療に関してはリウマチ・膠原病内科に紹介をお願いします。
    ・ご紹介の際、最近の画像のほかに同部位の過去の画像がありましたら、すべて同梱していただくようお願い申し上げます。
    ・骨軟部の腫瘍に関しては、対応できかねる場合があります。

    2019年4月1日更新