子どもの「もしも」のときに知っておきたいこと

子どもの健康や病気のどうしたら…をサポートする「教えて! ドクター」では日頃より、子育てをしている皆さんに最新の情報提供を心がけています。

熱中症

 
今回はこれからの季節に気をつけたい「熱中症」。熱中症の症状と応急処置、予防のポイントをまとめました。

熱中症(4.2MB)

子どもが溺れるときは静かです

 
乳幼児の不慮の事故で2番目に多い「溺水」。
溺れるとき、バシャバシャもがくのは映画の世界だけです。

溺れた状況を理解できず、もしくは呼吸に精一杯で声を出す余裕もなく、静かに沈みます(本能的溺水反応といいます)。

隣の部屋にいれば音で分かると思ったら大違い。
入浴中は気をつけましょう。

クリックして拡大
クリックして拡大

子どもが溺れるときは静かです(6.9MB)

虫さされ

 

クリックして拡大
クリックして拡大

虫さされ(2.7MB)

乳幼児で注意する食物とその予防

 

クリックして拡大
クリックして拡大

乳幼児で注意する食物とその予防(1.4MB)

食物アレルギー

 

クリックして拡大
クリックして拡大

食物アレルギー(1.6MB)

家庭でできる感染性胃腸炎のケア

 

クリックして画像を拡大
クリックして画像を拡大

 

教えて ドクター!のご案内

佐久市から委託を受け、佐久医師会と佐久医療センターの小児科が中心となり作成・配布しておりました「子どもの病気とおうちケア」マニュアルが、スマートフォンのアプリ(iPhone版/Android版)になりました。

子どもの病気やお家でのケアの仕方を症状や病名から探せたり、予防接種の接種時期がわかるスケジューラーなど、お役立ち機能が充実しています。

iPhone版

教えて!ドクター

Android版

教えて!ドクター

 

上記リンク先からダウンロードいただくか、App storeもしくはGoogle playから「佐久医師会」で検索してみてください。

 

「教えてドクター こどもの病気とおうちケア」ホームページ

「教えてドクター!  プロジェクト」の活動をまとめたほか、障がい者居宅支援事業所・NPOたんと。が実施している「まほうの子育て~誰でも使える7つの工夫~」プロジェクトの紹介、さまざまな相談窓口、育児に便利なリンク集、お役立ち情報が発信されています。

URL
oshiete-dr.net/home/about/