以前、下痢のお話をしましたが、今回はその逆の症状、便秘のお話をしましょう。
 これにも2つのタイプがあります。1つは習慣性のもの。もう1つはいわゆる過敏性腸症候群といわれ、精神的なストレスに関係が深く、便秘だけでなく下痢も起こすといった状態です。
 まずは大巨(だいこ)。このつぼはへそから指3本分下、そこから指3本分両外側にあります。特に便秘には左大巨を使います。ここは両手の指の腹で円を描くようにゆっくりともみほぐしてください。それからおへそを中心に時計回りに手のひらで5分程度マッサージしてください。そうすることによって患部の腸を直接刺激してぜん動を促進し、腸の内容物を下へと推し進めます。
 もう1つのつぼは、足三里より指4本分下にある上巨虚(じょうこきょ)です。ここは毎日、朝起きたときと寝る前に指圧としょうが灸を行ってください。この2つのつぼで、あなたの便秘はかなり改善されるはずです。
 さらにもう1つ。朝起きてすぐに冷水をコップ1杯ゴクゴクと飲んでみてください。これにより胃が刺激されて、腸のぜん動が促進されます。
 さあ、明日からあなたの腸をすっきりさせる努力をしましょう。