今回は夏ばてについてお話ししましょう。暑い日が続きますが、おなかが冷えたり、食欲がなくなったり、手足がむくみ体が重だるくどことなく元気がない、という夏ばて症状を感じている方もいると思います。
 東洋医学で考えると、ビールやかき氷、スイカなど冷たい飲食物を取り過ぎると、胃腸の働きは悪くなります。体にとって急激な寒さや冷たさ、吸収されない水(手足のむくみや、おなかをたたくとぽちゃぽちゃ音が聞こえるような)は気、血、水の流れを妨げる原因になるのです。
 土用の丑(うし)の日に食べるウナギは、冷えたおなかを温めると同時に元気を回復します。理にかなっていますね。
一方、冷房で一息ついたつもりが汗腺が閉じ、体内に熱がこもってしまうことがあります。これが体のだるさや熱っぽさを引き起こすのです。本来は夏野菜でゆっくり熱を取りますが、発汗作用を高めるには、お湯と水を手足に交互にかける交代浴が良いでしょう。
 おなかの冷えには神けつ(しんけつ)。このつぼは、おへそのことです。
 熱がこもったときは、大椎(だいつい)に取ります。頭を前に出すと首の後ろに、第7頚椎棘(きょく)突起と呼ばれる大きな骨が現われます。その下に取ってください。
 刺激方法は、しょうが灸が良いでしょう。1日2回程度、行ってください。