バナーダウンロード

Facebook

演題登録

1.登録期間

登録受付開始 2015年1月15日(木) 登録受付締切 2015年2月28日(土)
演題募集の〆切を延長しました。
新たな〆切は3月31日(火)です。お早めにご応募ください。
募集期間は終了しました。ご応募ありがとうございました。

 

2.登録要領

1)応募資格 筆頭演者は日本国際保健医療学会会員に限ります。 筆頭演者で未入会の方は、日本国際保健医療学会ホームページより、入会手続きを済ませてください。
2)応募方法(下記テンプレートをご記入の上、メールにて送付してください。) 演題の研究種類※1をお選び下さい。 発表演題に最も関連するトピック※2をお選びください(第1希望、第2希望)。 関連地域※3をお選びください。 発表時の言語をご記入ください。 筆頭演者の氏名、所属機関など、共演者分も含めてご入力ください。 日本語演題名、英語演題名をご入力ください。 日本語抄録(全角800文字)あるいは英文抄録(半角250ワード)をご入力ください。 連絡先をご入力ください。

応募用テンプレート 以下をクリックし、ダウンロードしてください。
※Microsoft office 2007以上が必要です。

 Download

応募内容をご確認の上、WordあるいはPDF形式で下記に送付ください。
送付先:東日本地方会事務局 jaih-east30th@sakuhp.or.jp
 
※1:研究種類
①学術研究 以下の条件を満たしている学術的研究です。
[背景] 研究の目的や演者自身の仮説が明確に述べられており、分析または評価対象となる問題や研究の重要性についても説明されている。
[方法] 研究対象地域、研究デザイン、研究対象集団、データ収集、分析手法について、明確に述べられている。
[結果] 特筆すべき結果と合わせて、明確かつ詳細な研究結果の概要が述べられている。
[結論] データと結果の考察が簡潔に述べられ、研究目的に合致した結論が述べられている。

②フィールド研究 学術的な研究としての手法よりも、プロジェクト評価や事例報告など、フィールドでの貴重な知見に重点をおいた以下の内容が含まれている研究です。
[はじめに] 研究目的及び問題の背景について簡潔に述べられている。
[概要] 活動、プロジェクト、事例などの概要が明確に述べられている。
[考察] 活動やプロジェクト結果から得られる示唆や考察が述べられている。また、知見の根拠となるデータが示されている。
[まとめ] 研究の結論および、今後の活動への提言が述べられている。 ①②共に、国際保健における新しい知見やコンセプトを提示するもの、そして、成功事例だけでなく、失敗事例からの分析も歓迎いたします。

※2:トピック (第1希望・第2希望)
1. Human security
2. Quality management, patient safety
3. Development policy, health financing, health accounts, law
4. Universal health coverage
5. Health systems
6. Health information, health statistics, development indicators
7. Education, human resources development
8. Appropriate technology, health technology assessment(HTA)
9. Health sociology, medical/cultural anthropology, medical geography
10. Poverty and health, indigent and minorities
11. Project management, evaluation
12. Humanitarian aid, refugees/IDPs, disaster management
13. Environmental health, water and sanitation
14. Primary health care, community health
15. Nutrition, food
16. Child and adolescent health
17. Population, reproductive health, safe motherhood
18. HIV/AIDS, Malaria, Tuberculosis
19. ARI, Diarrhea, immunization & vaccine-prevented diseases
20. Parasites
21. Neglected Tropical Diseases (NTDs)
22. Emerging and re-emerging infectious diseases
23. Other infectious diseases
24. Non-communicable diseases, oral health, mental health
25. Rehabilitation (medical and social)
26. Emergency services, injuries
27. Other clinical services
28. Technology management/medical equipment
29. Essential drugs, drug policy, traditional medicines
30. Biomedical research
31. Travelers medicine
32. Foreign residents and health
33. Others

※3:関連地域 0.Not applicable
1.Asia
2.Pacific and Oceania
3.America(North America/Caribbean/Latin America)
4.Africa
5.Middle East
6.Europe

3. 登録に関する注意事項

発表は未発表のオリジナル演題に限ります。 抄録は、日本語あるいは英語で登録してください。 抄録本文は、学術研究・フィールド研究それぞれに従って以下どちらかのフォーマットを選択してください。 日本語:学術研究:【背景】、【方法】、【結果】、【結論】 フィールド研究:【はじめに】、【概要】、【考察】、【まとめ】 英語:学術研究:【Background】、【Methods】、【Results】、【Conclusion】 フィールド研究:【Introduction】、【Outline】、【Discussion】、【Conclusion】 字数制限は以下の通りです。 抄録本文(日本語および英語、日本語:全角800文字まで、英語:半角250ワードまで)、演題名(日本語および英語、日本語:全角100文字まで、英語:半角40ワードまで)、筆頭演者所属機関名(日本語および英語)、共演者所属機関名(日本語および英語)、筆頭演者氏名(日本語および英語)、共演者氏名(日本語および英語)。 演題名、抄録本文、筆頭演者氏名、筆頭演者所属機関名、共演者氏名、共演者所属機関名含む総合計で、全角1,100文字までです。 画像の登録はできません。

4.利益相反

第30回日本国際保健医療学会東日本地方会演題発表に際して、発表者(演者)と共同研究者・共同発表者の利益相反の開示をお願いします。詳細は以下の通りとなりますので、必ずご確認の上、演題の登録をしてください。
■対象者および対象
1.シンポジウム、講演会、市民公開講座等の発表・講演に際しては利益相反関連事項への記載が必須になります。
2. 報告対象となるのは(1)発表者、及び(2) 共同研究者・共同発表者です。
3.申告すべき対象は、発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体との関係についてです。
■発表に際しての個人情報開示項目
*当日発表の際に、口頭発表者はスライドの2枚目に掲示して下さい(必須)。
*抄録提出日を基準として過去3年間について開示をして下さい。
*該当する開示事項がない場合は必要ありません。
*開示内容に関しては、プログラム集・抄録集には記載されません。  
利益相反に関するスライド

5. 演題の採否および通知

査読結果は、募集終了後1ヶ月以内に各演題の筆頭演者の方にメールでお知らせします。

6. 個人情報について

ご登録いただいた個人情報は、第30回日本国際保健医療学会東日本地方会の運営準備の目的以外では使用いたしません。また、ご入力いただいた個人情報は、必要なセキュリティの対策を講じ、厳重に管理いたします。

7. 演題登録に関するお問い合わせ

第30回日本国際保健医療学会東日本地方会事務局 佐久総合病院 国際保健医療科(加藤 浅沼)
Tel: 0267-82-8080
Fax: 0267-82-7533
E-mail: jaih-east30th@sakuhp.or.jp