佐久医療センターにおける診療体制について 11月10日17:00

【当院の感染状況】

一部の病棟において、入院患者さんおよび職員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されています。

報道等でご存知の通り、全国的また長野県内の新規感染者数が増加しており、当院においても新型コロナウイルス感染患者さんの受け入れ数の増加に伴い病床が満床に近い状況となっており、下段の通り診療制限をさせて頂いております。

当院職員も日々散発的に感染が確認され、感染確認および濃厚接触等により出勤停止となる職員が多く、診療体制の維持に苦慮している状況です。

【当院の対応について】


・感染確認がされた場合、関係する患者さん、職員に検査を実施しています。
・保健所と連携を図り、患者さんおよび職員の経過観察と定期検査を実施し、感染拡大防止に向け適切な対応に努めます。

【診療体制について】


・現在既に入院が予定されている患者さんにおかれましては、症状によって1ヶ月程度延期させて頂く場合がございま す。但し、悪性腫瘍手術や緊急手術には対応いたします。
・新規紹介患者さんの受け入れにつきまして、症状によっては数週間お待ち頂く場合がございます。
・外来は通常どおり診療いたします。

【面会について】


・新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、引き続き面会を原則禁止とさせていただきます。

今後も職員一同感染拡大防止に向け、適切な対応に努めてまいります。
患者さんやご家族、地域の皆さまには、ご心配とご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和4(2022)年11月10日
佐久総合病院 統括院長
渡辺 仁
佐久医療センター 院長
石毛 広雪

 

お知らせ