【12/25 15:30】当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第1報)

佐久医療センターの職員1名が、新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
当該職員は佐久地域で発生した新型コロナウイルス感染症感染者の濃厚接触者として、12月24日(木)にPCR検査を受けたところ陽性が判明いたしました。


【当院の対応について】

・現在、早急に濃厚接触者などの確認を進めております。また、必要と思われる接触者にはPCR検査を実施しており、現時点までに結果が判明した者については、全員の陰性が確認されております。

・また、順次範囲を広げてPCR検査を行っております。

・汚染の可能性がある院内箇所については、一旦閉鎖し、徹底的な消毒を実施しております。

・職員で濃厚接触者が判明した場合、当該職員についてはPCR検査の、結果の如何にかかわらず、自宅待機・健康観察といたします。


【診療体制について】

・外来・入院診療については、通常診療といたします。

・救急車は通常通り受け入れをいたします。

・手術については、予定手術は中止または延期といたします。

・緊急手術については対応いたします。

 

皆さまには、多大なるご心配とご不便をおかけいたしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

令和2年(2020年)12月25日
佐久総合病院 統括院長
渡辺 仁

佐久医療センター 院長
石毛 広雪

お知らせ