佐久総合病院訪問看護ステーション 移行期支援サテライトが佐久医療センターに開所しました

 9月2日に佐久医療センター内に「佐久総合病院訪問看護ステーション 移行期支援サテライト」を開所いたしました。
入院された患者さんが退院して新しい生活に移行する時期を一般的に「移行期」とよび、この時期は再入院につながる思いもよらないトラブルが起こりやすい時期と言われています。
佐久医療センターに入院されている患者さんの移行期をサポートする訪問看護ステーションの拠点を開設し、患者さんに安心して退院後の療養を行なっていただく体制を強化いたしました。

8月31日(金)に開所式が行われ、病院職員が参加しました。

佐久総合病院訪問看護ステーション 移行期支援サテライト

● 佐久医療センター内に訪問看護ステーションサテライトを設置し、平日の診療時間内に訪問看護師が常駐します。

● 佐久医療センターに入院されている患者さんに早期から退院後のご自宅での訪問看護のご利用について入院中から訪問看護の専門スタッフがサポートします。

● 退院後の療養についてご本人やご家族の思いや希望などをしっかりと引き継いで参ります。

● 外来通院をされている患者さんの訪問介護や介護サービスのご利用についてもサポートできる体制を整えて参ります。

お知らせ