はしか(麻疹)発生終息のお知らせ:0歳から中学生のお子さまをお持ちの保護者の方へ

8月3日 はしか(麻疹)終息のお知らせ

●2018年7月に佐久市ではしか(麻疹)の患者さん(成人)が発生しました。はしかは伝染力が非常に強いため、はしかの流行が懸念され、注意しながら経過を見ていました。
発生から3週間がたち、最初の患者さん1人以外の発生はないため、流行はないと判断いたします。

●しかし、適切にはしか(麻疹)の予防接種を受けることは非常に大切です。
予防接種の効果は、次の通りです。
 接種なし:感染を防ぐことはできません。
 1回接種:予防効果 約95%
 2回接種:予防効果 ほぼ100%

●日本では麻疹ワクチンはMR(M=麻疹、R=風疹)ワクチンに含まれていて、麻疹ワクチンと風疹ワクチンの混合ワクチンとして接種されています。
接種時期は1歳過ぎに1回、小学校入学前の1年間に1回の、合計2回接種です。
2006年3月までは、1回接種、2006年4月以降は2回接種が原則ですが、接種してあるかは母子手帳で、予防接種の記録を確認してください。
2回接種をすることが大切ですが、1歳を過ぎて1回もワクチン接種をしていない人は、できるだけ早く麻疹ワクチンの接種をすることをおすすめします。

佐久総合病院
2018年8月3日

7月20日 はしか(麻疹)発生のお知らせ

●佐久市ではしか(麻疹)の患者さん(成人)が発生しました。
はしかはかかると、高熱、せき、発疹などの症状が強くでて、肺炎、脳炎などの重い合併症を起こすこともあります。
はしかは空気を通じて感染し、感染力が非常に強い感染症です。

●はしかは予防接種で感染を防ぐことができます。
予防接種の効果は、次の通りです。
 接種なし:感染を防ぐことはできません。
 1回接種:予防効果 約95%
 2回接種:予防効果 ほぼ100%

●日本では麻疹ワクチンはMR(M=麻疹、R=風疹)ワクチンに含まれていて、麻疹ワクチンと風疹ワクチンの混合ワクチンとして接種されています。
接種時期は1歳過ぎに1回、小学校入学前の1年間に1回の、合計2回接種です。
2006年3月までは、1回接種、2006年4月以降は2回接種が原則ですが、接種してあるかは母子手帳で、予防接種の記録を確認してください。
2回接種をすることが大切ですが、1歳を過ぎて1回もワクチン接種をしていない人は、できるだけ早く麻疹ワクチンの接種をすることをおすすめします。

●また、高熱、激しいせき、発疹などがあり、はしかが心配されるときには、かかりつけの先生とご相談ください。受診前には電話で連絡して症状をお伝えください。

佐久総合病院
2018年7月20日

お知らせ