広報誌「お加減はいかがですか」345号(2017年5月)を発行しました

特集は本院の新病棟。佐久総合病院再構築事業に伴い、本院の新病棟(名称:北病棟)が4月29日に運用を開始されました。新病棟の機能や特徴を徹底解剖をしました。

連載のコーナーでは、佐久総合病院(本院)外科外来で行なわれている「切らない痔の治療」についてや東洋医学研究所からは「自律神経失調症と鍼灸治療」、うまいもん屋めぐりでは移転リニューアルをした当院レストラン「レストラン白樺」を紹介しています。

春の名物となっている佐久医療センターの桜並木が表紙の、お加減はいかがですか345号は佐久病院グループ施設や佐久市内の各施設にありますので是非、ご覧になってください。

お加減はいかがですか345号PDF(9.9MB)

お知らせ