広報誌「お加減はいかがですか」363号(2020年5月)発刊のご案内

表紙は、今年の佐久医療センターの桜並木の様子です。

メイン特集は統括院長・佐久医療センター院長就任です。令和2年度の人事異動により、伊澤 敏前統括院長が退任したことに伴い、渡辺仁前佐久医療センター院長が統括院長兼本院院長に、石毛広雪前佐久医療センター副院長が佐久医療センター院長に就任いたしました。

連載企画では、おくすりごとでは「残薬」、前号から連載が始まったペインクリニック 痛みの治療室では「仙腸関節障害」、新連載:心臓リハビリテーションでは「安静による害」をそれぞれ掲載。

また、感染症について特集をしております。

お加減はいかがですか363号は佐久病院グループ施設や佐久市内の各施設にありますのでぜひ、ご覧になってください。

PDFデータ : 広報誌「お加減はいかがですか」363号(10.7MB)

 

 

お知らせ