佐久総合病院 訪問看護ステーションのあゆみ

佐久総合病院訪問看護ステーションは、佐久総合病院における在宅ケア・地域ケア活動の中で、平成4年より病院からの訪問看護活動を開始しました。平成6年には地域医療部地域ケア科として病院内の組織化を行い、平成7年に訪問看護ステーションうすだを開設、その後佐久地域で6カ所の訪問看護ステーションを運営してきました。
佐久地域は在宅ケア・地域ケア活動に先駆的に取り組んできた地域として知られていますが、訪問看護利用数も非常に多いことが特徴です。訪問看護の地域での役割は重要であり多岐にわたっていますが、その重要性について地域の多くの方にご理解いただいている結果だと考えています。また、医療・介護の変遷や地域のニーズに柔軟に対応できるよう、平成25年7月に訪問看護ステーションひらねを開設し、平成26年4月に病院からの精神科訪問看護を訪問看護ステーションわかばとして開設しました。さらに、平成28年11月佐久市内4カ所(うすだ、のざわ、あさしな、ひらね)の事業所を統合し、佐久総合病院訪問看護ステーションと3カ所のサテライト(のざわ、あさしな、ひらね)体制としました。令和元年9月には、のざわサテライトとあさしなサテライトを移転し、のざわ・あさしなサテライトに統合し、佐久医療センター内に移行期支援サテライトを開設しました。訪問看護ステーションやちほ・こうみと合わせ、これまで以上に地域に寄り添い、『心をつなぐ訪問看護』を目指し、皆さまに笑顔と安心をお届けいたします。

佐久総合病院訪問看護ステーションの強み

 

 

 

経営状況