腎臓内科

  • 診療内容

    特色

    東信地域の腎臓医療の中核病院として、幅広く診療を行なっております。
    検尿異常、腎炎・ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、膠原病・高血圧に関連する腎症などの迅速な診断・治療、腎機能の進行を抑制する集学的な治療を行なっています。保存期腎不全の管理、血液透析・腹膜透析の導入、透析合併症の治療、バスキュラー・アクセス不全、腎移植に至るまでを当科で一貫して行なっています。
    佐久医療センターは日本腎臓学会研修施設・日本透析医学会教育施設として認定を受けており、日常診療のみではなく、専門医育成、医学教育にも注力しております。

    診療内容

    ・検尿異常、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群などが疑われる症例に対しては、積極的に腎生検を施行、早期診断を行い、治療に結びつけております。ステロイド、免疫抑制薬、生物学的製剤、その他薬剤も含めて集学的な治療を行い、病勢のコントロールを行なっています。

    ・治療にもかかわらず慢性腎臓病が進行した場合には、透析療法選択を必要とします。適切な腎代替療法を提案し、適切な時期に手術療法を施行、スムーズに治療を移行できるように対応してまいります。

    ・維持透析患者さんのバスキュラー・アクセス不全に対して、インターベーション治療およびシャント造設、再建術、人工血管を用いた作成なども含めて腎臓内科で行なっています。治療困難例に関しては、心臓血管外科、形成外科とも協力し対応を行なっています。

    ・佐久医療センターは3次救急を担う医療機関であり、多臓器不全、急性腎障害を発症する症例を多数認めます。各科、救急科、臨床工学科と協力しながら、当科で集中治療室での急性血液浄化療法の管理を行なっています。

    ・常染色体優性多発性のう胞腎に対してのトルバプタン治療も当科で対応可能です。入院での投与開始、外来での治療を行なっています。

    ・生体腎移植 東京女子医科大学泌尿器科と提携し、腎移植手術を行い、術前、術後管理を当科で行なっています。退院後の外来診療も移植外来として当院で対応可能です。

    腎臓内科は、本院、佐久医療センター、小海分院、3施設それぞれの特色に沿った診療を行なっています。
    佐久医療センターでは、腎疾患治療、腎生検や手術、急性血液浄化、腎移植など、急性期の患者さんの治療を中心に行い、本院では比較的安定している状態の患者さんの入院・外来管理、血液透析、腹膜透析を含めた通院透析を行なっています。また、小海分院は南佐久郡唯一の通院透析拠点として外来透析を行なっております。各施設、連携して対応を行なっています。当院で導入になった患者さんは退院後の生活も考慮し、通院しやすい最寄りの施設への紹介も積極的に行なっています。
    外来通院透析は、佐久医療センターではベッドが限られるため、原則行なっておりません。本院と小海分院で外来透析を行なっています。臨時透析はベッドの状況でお受けできない可能性があります。必ず事前にお問い合わせをお願いいたします。
     

  • 取り扱っている主な疾患

    ・慢性腎疾患全般、各種腎炎・ネフローゼ症候群
    ・糖尿病性腎症
    ・膠原病・高血圧に関連する腎症
    ・常染色体優性多発性のう胞腎

  • 実績

    詳細は、内科の実績をご参照ください。

  • 医師紹介

  • 紹介時のお願い

    主に佐久医療センターで初診外来を設け、紹介を受け入れさせていただいております。急性腎不全や、緊急な対応を要する症例に関しても、佐久医療センターへご紹介ください。
    シャント造設困難や再建術、人工血管移植術など、外科的な手術療法を要するバスキュラー・アクセス不全に関しては主に統括部長の池添が対応しておりますので、その際は本院へのご紹介をお願いいたします。
    待期的なシャント血管造影、経皮的血管形成術に関しては佐久医療センターへご紹介ください。緊急のバスキュラー・アクセストラブル、シャント閉塞で緊急血管造影やカテーテル挿入、入院を必要とする場合も佐久医療センターで対応します。