神経内科

  • 診療内容

    特色

    神経疾患は高齢化社会の進む本邦では増加の一途をたどり、当院でも患者様数が増加している診療分野の一つであります。佐久医療センター開院にあたり、当科もこれまで以上に地域の皆様に良質な医療を提供すべく微力を尽くす決意です。

    診療内容

    ●神経内科とは

    脳や脊髄、末梢神経、筋肉に病気があり、さまざまな不自由を来す疾患を扱う診療科です。力が入りにくい、歩きにくい、しゃべりにくい、しびれ、物が二つにみえる、物忘れ、けいれん、頭痛などが主な症状です。扱う疾患名として代表的なものは、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病といった神経難病や、筋炎や筋ジストロフィーなどの筋疾患、ギラン・バレー症候群や重症筋無力症、ギラン・バレー症候群などの免疫性神経疾患、てんかん、偏頭痛、認知症などです。
    また、入院の方のリウマチ・膠原病の方の診療も担っています。

  • 取り扱っている主な疾患

    認知症

    高齢化社会の到来により認知症は増加しています。詳細な診察、画像検査、血液検査を行い、認知症の原因となる脳の病気を確実に診断し、適切な治療を行います。

    中枢神経変性疾患

    パーキンソン病を代表とする、様々な中枢神経変性疾患の治療を担当します。新規薬剤の早期導入を心がけています。

    神経難病

    筋委縮性側索硬化症、筋ジストロフィー、多発性硬化症などの神経難病に対し、入院診療、外来診療、訪問診療を行います。

    てんかん

    ここ数年で、てんかんに対する新たな治療薬の開発がありました。患者さんに合った最新の薬物療法を行います。

    脳血管障害

    脳梗塞の一部の患者さんを担当します。急性期治療、合併症の治療、再発予防の3点を診療の柱とします。

    その他

    眩暈、手足のしびれ、頭痛といった日常で経験する事の多い神経症状の診断、治療、また眼瞼痙攣・顔面痙攣に対するボツリヌス治療を行います。

     

  • 実績

    平成29年度実績(集計期間:平成29年4月1日~平成30年3月31日)

    患者数
    外来初診患者数 458
    新入院患者数 469

    (2018年4月更新)

  • 医師紹介

      神経内科

    • 部長小林 千夏 (こばやし ちなつ) 卒年2007
      • 専門分野

        ・神経内科

      • 取得資格

        ・日本内科学会認定内科医
        ・日本内科学会総合内科専門医
        ・日本内科学会指導医
        ・日本神経学会専門医
        ・日本認知症学会専門医
        ・日本認知症学会指導医

      • 所属学会

        ・日本内科学会
        ・神経内科学会
        ・日本認知症学会

    • 医長佐藤 充人 (さとう みつと) 卒年2008
      • 専門分野

        ・神経内科

      • 取得資格

        ・日本内科学会認定内科医
        ・日本神経学会専門医

      • 所属学会

        ・日本内科学会
        ・神経内科学会
        ・日本脳卒中学会
        ・日本筋学会
        ・日本神経感染症学会

    • 医師上條 祐衣 (かみじょう ゆい) 卒年2012
      • 専門分野

        ・神経内科
        ・リウマチ・膠原病内科

      • 取得資格

        ・日本内科学会認定内科医

      • 所属学会

        ・日本神経学会
        ・日本内科学会

    • 医師高松 良太 (たかまつ りょうた) 卒年2014
      • 専門分野

        リウマチ膠原病内科

      • 取得資格

        ・日本内科学会認定内科医

      • 所属学会

        ・日本内科学会
        ・日本リウマチ学会

  • 紹介時のお願い

    紹介時のお願い

    初診患者さんは完全予約制となります。予約の取得は佐久総合病院地域医療連携室に、お電話でお問い合わせください。紹介状が必要です。
    状態が安定した患者様はご相談のうえ、基本的にはご紹介元の先生に外来診療をお願いしたいと考えています。