リハビリテーション科

  • 診療内容

    診療内容

     あらゆる年齢層のあらゆる種類の障害に対応できるように努力しています。
    特に,脳卒中急性期からの介入開始,摂食・嚥下障害や高次脳機能障害への対応,義肢装具療法などを積極的に行っています。
     外来および入院患者さんのリハビリテーションを,医師・看護師・介護福祉士・各療法士(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)・医療ソーシャルワーカー等によるチームで総合的に,急性期・回復期・生活期に渡って一貫性をもって継続的に支援します。

    その他

    介護老人福祉施設・知的障害者更正援護施設・救護施設などにもスタッフを派遣し,当科医師による定期診察を行っています。

  • 取り扱っている主な疾患

    【外来部門】
    身体機能・認知機能の障害やそれによる活動制限など生活機能の障害に関することは何でも相談に乗ります。
    歩行障害に対する杖・装具・歩行器など歩行補助具の選定・処方・訓練,嚥下障害の評価・嚥下食指導・訓練などを行います。
    高次脳機能障害については、長野県の支援事業拠点病院に指定されているため東信地域全体からの相談を受け付けており,適切な就労・社会参加を目標にした厳密な評価に基づく助言・訓練・他機関との連携などを行っています(相談窓口は医療相談室です)。
    地域柄自動車運転再開の希望が多いため,2013年には自動車運転シミュレーターを導入し支援の充実を図っています.身体障害者手帳など障害に関係する書類の相談にも応じます。

    【入院部門】
    脳卒中急性期の患者さんは,入院翌日から訓練を開始できる体制をとっています(この急性期の部分は主として佐久医療センターで行ないますが,1ヵ月以上の入院が見込まれる方は,途中で本院など他医療機関への転院を検討します)。
    地元在住で比較的長期間の入院リハビリテーションが必要な場合は,本院の回復期リハビリテーション病棟(40床)に移っていただき,安心して自宅へ戻れるように365日体制で十分な訓練を実施します(回復期リハビリテーション入院料1,休日加算,充実加算あり)。
    他地域の患者さんは,より円滑に自宅へ帰れるように地元の病院でのリハビリテーション継続をお勧めしています。
    当院の回復期リハビリテーション病棟では,地域の患者さんであれば高齢者のみならず若年で重度障害を負った方の長期入院リハビリテーションにもある程度対応するよう努力しております。

  • 実績

    2016年度リハビリテーション処方件数(外来、入院合計)

      診断カテゴリー分類(※) 本院 センター 小海 合計 百分率
    1 脳卒中その他脳疾患,脳外傷 380 384 85 849 20
    2 脊髄損傷とその他脊髄疾患 19 227 18 264 6
    3 リウマチを含む骨関節疾患 126 345 236 707 17
    4 脳性麻痺を含む小児疾患 64 26 7 97 2
    5 神経筋疾患 184 6 11 201 5
    6 切断 2 9   11 0.3
    7 呼吸・循環器疾患 53 559 41 653 15
    8 その他(廃用、がん等) 491 659 301 1451 34
      不明     2 2 0
      合計 1319 2215 701 4235 100
    リハ医学会分類          
    9 整形処方 60 638   693  
      総合計 1379 2853 701 4933  
      グループ内の百分率 28 58 14 100  
                 
      本院外来長期支援(概数)          
       高次脳機能障害 90        
       自動車運転再開支援(短期) 150        
       小児 150        
      義肢装具処方 42 2    *    
      嚥下造影検査 94 22 10    
      嚥下内視鏡検査 12 8 2    

  • 医師紹介

  • 紹介時のお願い

    紹介時のお願い

     新患の診療にはかなりの時間を要しますので、原則的には事前に地域医療連携室を通じて予約していただけますようお願いいたします。また、特殊外来として水曜日午後に装具外来(義肢/装具の処方、適合判定等)、水曜日午前/金曜日午前に車椅子外来を行なっています(こちらは必ず予約してください)。当科は科の性質上院内他科からの紹介比率が高いですが、地域の方であれば院外から直接紹介していただいても対応いたします。