眼科

  • 診療内容

    特色

    糖尿病網膜症、網膜剥離、緑内障など失明につながる疾患の治療に力を入れています。手術は、白内障手術、硝子体手術、網膜剥離手術、緑内障手術、外眼手術などを行なっています。白内障手術は、安全で痛みの少ない手術を心がけ、患者様の希望に応じて日帰り手術も可能です。

  • 取り扱っている主な疾患

    白内障

    安全で痛みの少ない手術を心がけ、サービスの向上に努めています。
     通院の都合など患者さんの要望に応じて、日帰り手術と入院手術の選択が可能です。

    緑内障

    眼圧検査、網膜神経線維層及び視神経の検査、視野検査などで、重症度を総合的に判断し、点眼薬による治療、必要に応じて手術治療を行います。血管新生緑内障に対しては、経強膜毛様体光凝固術が可能です。

    糖尿病網膜症や網膜血管閉塞性疾患

    螢光眼底造影によって網膜循環を評価し、レーザー治療を行ないます。硝子体出血・牽引性網膜剥離に対しては、硝子体手術を行ないます。黄斑症に対し抗VEGF剤の投与を行うことが出来ます。増殖性変化が強い場合は専門病院への紹介が可能です。

    網膜剥離

    裂孔原性網膜剥離に対して、強膜バックリング手術と硝子体手術の両面からアプローチし治療します。

    硝子体手術

    硝子体出血、黄斑円孔、網膜前膜などの症例に対応できるよう体制を整えています。群馬大学眼科と連携し手術を行います。

    加齢黄斑変性

    加齢黄斑変性は諸検査、治療のできる専門施設へ紹介します。また必要に応じ抗VEGF剤硝子体内投与を行うことが可能です。

    斜視弱視

    7人の視能訓練士のもと、調節性内斜視、斜視、不同視弱視などの診断と治療に万全の体勢で臨み、眼鏡装用による治療、両眼視機能訓練に力を入れています。全身麻酔による斜視手術が可能です。

    眼瞼手術・涙道手術

    眼瞼下垂症手術、眼瞼内反症手術、シリコンチューブ留置術、涙嚢鼻腔吻合術、涙点プラグ留置術を行っています。

    外傷・急患

    急患の際には、眼科医を呼び出し可能な体制となっています。

    在宅・地域診療

    佐久市・佐久穂町の地域(窓口は地域ケア科)、小海町・南牧村・川上村・南相木村・北相木村の地域(窓口は小海診療所)で依頼により月に1回、在宅診療を行っています。細隙灯顕微鏡・眼底・眼圧検査など基本的で重要な検査と、点眼薬等の処方を自宅で受けることが可能です。また、小海診療所で月2回、南牧診療所で月1回の外来診療を行っています。

    その他

    虹彩付コンタクトレンズ・円錐角膜に対するコンタクトレンズの処方、義眼処方、ロービジョン用機器の相談、身体障害者認定書類の作成、網膜色素変性症など特定疾患認定書類の作成を行っています。

  • 実績

    平成27年度実績(集計期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日)

    患者数
    外来初診患者数 3,502
    新入院患者数 670

  • 医師紹介

      眼科

    • 部長三浦 文英 (みうら ふみひで) 卒年1993
      • 専門分野

        ・眼科一般

      • 取得資格

        ・日本眼科学会専門医
        ・身体障害者福祉法15条指定医
        ・視覚障害者用補装具適合判定医師研修会修了

      • 所属学会

        ・日本眼科学会
        ・日本緑内障学会

    • 医師三村 健介 (みむら けんすけ) 卒年2013
      • 専門分野

        ・眼科一般

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本眼科学会
        ・日本眼炎症学会
        ・日本眼循環学会

  • 紹介時のお願い