放射線治療部門

トモセラピー(高精度放射線治療専用機)が導入されました

特色

 佐久医療センターでの放射線治療はこれまでの三次元的放射線治療に加え、小さな病巣部に集中的に照射する体幹部(たいかんぶ)定位照射(いわゆる、ピンポイント照射)、正常組織への線量を減らす強度変調放射線治療(IMRT)、臓器の動きをとらえ放射線治療に生かす画像誘導下放射線治療(IGRT)などができます。体幹部定位照射では小さな肺癌に対し威力を発揮します。呼吸で動く病巣を正確に治療するための装置も導入されています。IMRTは前立腺癌や頭頸部腫瘍(とうけいぶしゅよう)などの患者さんに対し、コンピュータで複雑な演算を行い、放射線が多くかかる部分と少なくする部分とを上手に作り、正常組織へ照射される部分を減らし患者さんの副作用を軽くします。放射線治療だけで治療するだけでなく、手術や抗がん剤とのコンビネーションを上手に使って治療することでより効果を高めます。

 放射線治療は医療センターにて行っています。放射線治療装置はリニアック1台、IMRT専用機であるトモセラピー、県内で初めてのCT同室設置RALSを備え、幅広い放射線治療の技術に対応します。他診療科との連携を深めより良い治療法を目指します。紹介状を持参の上、佐久医療センター放射線治療科にご相談ください。

 

<前立腺癌の治療例>

設備

  当院では、外部照射放射線治療装置2台(1台はIMRT専用機)、内部照射装置(RALS)1台、X線シミュレータ2台、CTシミュレータ2台、治療計画装置7台を有しており、精度のよい治療ができるように整備されています。長野県でこれだけの充実した設備がある放射線治療施設は少なく、幅広い治療技術の中から患者様一人ひとりに一番適した治療方法の提案が出来ると考えています。特に当院に導入されましたトモセラピーは、最新鋭の高精度放射線治療機になり、全国でも限られた施設にしかありません。より多くの患者様に、より良い治療が提供できるよう日々努力していきたいと考えています。

最先端の腔内照射室