歯科衛生科

歯科衛生科

歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。仕事の内容は①歯科予防処置 ②歯科診療の補助 ③歯科保健指導です。
佐久医療センターでの歯科口腔外科の診療は主に周術期等における口腔管理です。周術期とは入院、麻酔、手術、回復といった一連の期間をいいます。この期間は、不良な口腔環境が呼吸器感染症などさまざまな合併症を起こし、原疾患(外科や内科などの病気)治療の妨げとなることがあります。また摂食・嚥下機能の低下を来すこともあります。口腔衛生状態を改善し,口腔機能を向上させるため歯科衛生士の活動が重要となります。
全身感染症予防と経口摂取維持回復のため歯周治療や口腔衛生指導を行なっています。

スタッフ

3名

周術期口腔管理

歯垢・歯石除去、ブラッシング指導、口腔粘膜の清掃・保湿・うがい指導、義歯の清掃・管理指導など

  • ・全身麻酔下での手術前後の口腔ケア
  • ・化学療法、放射線治療中の口腔ケア

病棟と連携した口腔管理

  • 病棟での口腔ケア
  • 口腔ケアの勉強会開催

各サポートチームのコアメンバーとしての口腔管理

  • 栄養サポートチーム
  • 糖尿病サポートチーム

多職種と連携しながら医療の質の向上を目指しています。

患者さん一人ひとりの状態に応じた口腔ケアの方法を一緒に考え、実行しやすいように提案しています。