脳神経外科

  • 診療内容

    特色

    脳神経外科に関係する急性期の診療を行います。
    詳しくは脳卒中センターをご参照ください。

  • 取り扱っている主な疾患

    脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳腫瘍、頭部外傷

  • 実績

    平成27年度実績(集計期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日)

    患者数
     外来初診患者数 550
     新入院患者数 453

    ●手術件数

    手術 件数
    破裂脳動脈瘤(解離性動脈瘤含む)

     クリッピング術、トラッピ
     ング術

    10
     コイル塞栓術 1
    未破裂脳動脈瘤
     クリッピング術 5
     high-flow バイパス術 1
    脳腫瘍摘出術
     開頭腫瘍摘出術 13
     内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘
     出術
    3
    頸動脈狭窄
     頸動脈内膜剥離術 3
     経皮的頸動脈ステント留置術 1
    微小血管減圧術 2
    頭蓋内血腫除去術 11
    慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 47
    その他 29
    126

    ●DPCデータ                                         (入院患者さんが入院期間全体を通じて治療した傷病のうち、最も「人的・物的医療資源を投入した傷病名」です)

    主要疾患  件数
     脳梗塞 135
     脳出血 87
     頭蓋・頭蓋内損傷 72
     慢性硬膜下血腫 45
     脳腫瘍 39
     くも膜下出血、破裂脳動脈瘤 25
     てんかん 13
     未破裂脳動脈瘤 6
     一過性脳虚血発作 6
     その他 25
    453

  • 医師紹介

      脳神経外科

    • 部長吉田 貴明 (よしだ たかあき) 卒年1991
      • 専門分野

        ・脳血管障害
        ・脳腫瘍

      • 取得資格

        ・日本脳神経外科学会専門医
        ・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
        ・日本脳卒中の外科学会技術指導医

      • 所属学会

        ・日本脳神経外科学会
        ・日本脳卒中学会
        ・日本脳卒中の外科学会
        ・日本脳腫瘍の外科学会
        ・日本頭蓋底外科学会
        ・日本神経内視鏡学会
        ・日本脳神経外科コングレス
        ・日本脳神経CI学会

    • 医長渡辺 仁 (わたなべ ひとし) 卒年1986
      • 専門分野

        ・脳神経外科疾患全般

      • 取得資格

        ・日本脳神経外科学会専門医
        ・日本脳卒中学会専門医

      • 所属学会

        ・日本脳神経外科学会
        ・日本脳卒中学会
        ・日本脳卒中の外科学会
        ・日本脳神経血管内治療学会
        ・医療の質・安全学会
        ・日本脳神経外科コングレス

    • 医長川島 隆弘 (かわしま たかひろ) 卒年2006
      • 専門分野

      • 取得資格

        ・日本脳神経外科学会専門医

      • 所属学会


        ・日本脳神経外科学会
        ・日本脳神経外科コングレス
        ・日本脳卒中学会
        ・日本脳卒中の外科学会
        ・日本脳神経血管内治療学会

    • 医師富田 庸介 (とみた ようすけ) 卒年2009
      • 専門分野

        ・脳血管障害

      • 取得資格

        ・日本脳神経外科学会専門医
        ・日本脳神経血管内治療学会専門医
        ・医学博士

      • 所属学会

        ・日本脳神経外科学会
        ・日本脳卒中学会
        ・日本脳卒中の外科学会
        ・日本脳神経血管内治療学会
        ・日本神経内視鏡学会
        ・日本脳神経外科コングレス

    • 医師石井 希和 (いしい のぶかず) 卒年2014
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本脳神経外科学会
        ・日本脳神経血管内治療学会

  • 紹介時のお願い

    受診にあたっては、救急疾患は、直接の受診も可能です。また、他院にかかりつけの方は、まずはそちらにご相談ください。紹介状をご持参いただければ、よりスムーズな診療が行なえ、適切な検査・治療に結びつき、大変役に立ちます。なお、緊急の場合は、直接お電話をいただければ、迅速に対処いたします。