形成外科

  • 診療内容

    特色

    佐久医療センターは日本形成外科学会、日本手外科学会の認定施設です。
    医療センターでは形成外科専門医が専門医を目指す若手医師、研修医らとともに形成外科一般の診療を行います。

  • 取り扱っている主な疾患

    主な疾患

    ●熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷

     軽症から重症までの熱傷治療を行っております。重症熱傷患者さんに対してはICUに熱傷患者さん専用ベッドを備えており、救急医、リハビリテーション科、栄養科、精神科とも連携して診療を行います。
     

    ●顔面外傷

     軟部組織損傷に対する創処置、頬骨骨折や眼窩底骨折などの顔面骨折の整復手術を行います。頭部外傷を伴うものは脳神経外科と協働で治療を行います。なお、咬合に関係する上・下顎の単独骨折は本院で歯科・口腔外科が手術を行います。

    ●上肢の外傷・下肢の外傷、外傷後の組織欠損

     手足の神経・腱損傷、切断指(顕微鏡下再接着)に対応しております。整形外科と担当日を分担していますので、詳しくは形成外科外来または救急外来に直接お尋ねください。

    ●外傷後の組織欠損

     皮膚移植や皮弁形成術を必要とするような重症のケガが対象です。皮下血腫・筋肉内血腫、コンパートメント症候群も含まれます。このような外傷に対しては創傷治癒を早める目的でVAC療法をはじめとした陰圧閉鎖療法も適用しております。

    ●唇裂・口蓋裂

     唇裂・口蓋裂の紹介では、佐久医療センターの形成外科または本院の歯科・口腔外科を窓口としてご紹介ください。患者さんのご家族には、治療の説明と同時に口唇口蓋裂診療の手引き(診療手帳)をお渡ししております。当院の口唇・口蓋裂チームは、佐久医療センター(形成外科、小児科、耳鼻咽喉科、産婦人科、医事課)と本院(歯科・口腔外科、矯正歯科、リハビリテーション科)とで連携しており、患者さん情報を共有し、治療の時期に合った適切な治療とケア、ご家族への説明を行なっております。なお、口唇・口蓋裂の手術は北里大学形成外科スタッフ医師の協力のもとに行なっております。また、口蓋裂に合併しやすい中耳炎の治療は耳鼻科で、顎裂骨移植や顎変形症に対する治療と手術は本院の歯科・口腔外科、矯正歯科で行なっております。

    ●頭蓋・顎顔面・耳介の先天異常

     耳介や頚部の先天異常:折れ耳・埋没耳(生後できるだけ早くご紹介ください。新生児期は矯正治療が可能です)、小耳症・頚耳・正中頚嚢胞。

    ●四肢の先天異常

     多指(趾)症、合指(趾)症、多合趾症

    ●体幹・その他の先天異常

     臍ヘルニア、臍突出症、尿膜管遺残(尿膜管膿瘍では緊急手術を考慮する必要があります)

    ●良性腫瘍

     母斑・脂肪腫・血管腫、ガングリオン(穿刺吸引または摘出手術)などです。医療センターでは主に全身麻酔やブロック麻酔が必要なものが対象ですが、小さなものでも顔面・手足のような特殊部位にある場合は紹介してください。

    ●悪性腫瘍

    顔面・体幹・四肢の皮膚癌・肉腫の切除。

    ●腫瘍切除後の組織欠損

     上記悪性腫瘍の切除に伴う再建術、人工乳房や自家組織による乳房再建術。

    ●瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド

     傷あとやひきつれに対する形成手術。ケロイドの保存的治療や手術療法、必要に応じて放射線治療を行います。

    ●褥瘡(床ずれ)

     寝たきりによる仙骨部や尾骨部の褥瘡、下肢の褥瘡、対麻痺患者さんの坐骨部褥瘡等が対象です。医療センターでは手術療法(切開排膿・デブリードマンから皮弁形成までの再建術)が必要な方が対象ですが、軽症でも圧評価や予防の指導も行います。リハビリテーション科医師、理学療法士、栄養士、皮膚・排泄ケア認定看護師らと協働して治療にあたります。なお、長期間の保存的治療が必要となった患者さんは、一旦紹介元にお返しするか、あるいはその近隣の医療施設で治療を受けていただくことになります。

    ●その他の潰瘍

     糖尿病や下肢虚血による足・足趾の壊疽、静脈瘤に伴う下腿潰瘍、膠原病に伴う皮膚潰瘍、壊疽性膿皮症、心臓手術後の縦隔炎、がん切除後の放射線障害に対する再建など。

    ●炎症・変性疾患

     蜂窩織炎、皮下膿瘍から壊死性筋膜炎、フルニエ壊疽などの重症疾患。

    ●後天性眼瞼下垂

    前転法、その他の方法で行います。本院の形成外科ホームページ(内部リンク)もご覧ください。

    ●先天性・筋原性眼瞼下垂

     筋膜移植によるつり上げ手術が必要です。

    ●レーザー治療

     大田母斑、蒙古斑・異所性蒙古斑などの青アザ。小児の蒙古斑・異所性蒙古斑は全身麻酔下に治療します。以上、保険適応疾患です。シミも対象としておりますが、自費診療となります。(保険は使えません)

    ●その他

     当センターでは、わきが(腋臭症)手術は原則全身麻酔で行います。希望があれば局所麻酔でも行います。原則入院が必要です。

  • 実績

    外傷 373
      熱傷・凍傷・化学外傷・電撃傷(要全身管理) か 熱傷・凍傷・化学外傷・電撃傷(手術例)

     12

      顔面軟部組織損傷  73
      顔面骨折  36
      頭部・頚部・体幹の外傷 25
      上肢の外傷  165
      下肢の外傷  56
      外傷後の組織欠損(2次再建)  6
    先天異常  21
      唇裂・口蓋裂  5
      頭蓋・顎・顔面の先天異常 8
      頚部の先天異常 0
      四肢の先天異常 4
      体幹(その他)の先天異常 4
    腫瘍  235
      良性腫瘍(レーザー治療を除く)

    179

      悪性腫瘍  35
      腫瘍の続発症  1
      腫瘍切除後の組織欠損(一次再建) 1
      腫瘍切除後の組織欠損(二次再建)  19
    瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド  16
    Ⅴ  難治性潰瘍  43
      褥瘡 7
      その他の潰瘍 36
    Ⅵ  炎症・変性疾患  34
    Ⅶ  美容(手術)  2
    その他 45
    Extra レーザー治療 89
      良性腫瘍でのレーザー治療例 47
      美容処置でのレーザー治療例 42
    合計     858

                       (日本形成外科学会 2015年次届出資料より転載)

  • 医師紹介

      形成外科

    • 部長大谷津 恭之 (おおやつ やすゆき) 卒年1982
      • 専門分野

        ・形成外科一般
        ・顔面外傷
        ・手の外科(外傷・先天奇形)
        ・熱傷
        ・褥瘡
        ・創傷治癒

      • 取得資格

        ・日本形成外科学会専門医
        ・日本手外科学会専門医
        ・日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
        ・日本創傷外科学会専門医
        ・医学博士

      • 所属学会

        ・日本形成外科学会
        ・日本熱傷学会
        ・日本手外科学会
        ・日本口蓋裂学会
        ・日本褥瘡学会
        ・日本創傷外科学会
        ・日本フットケア学会

    • 医師上原 理恵 (うえはら りえ) 卒年2005
      • 専門分野

        ・形成外科一般

      • 取得資格

        ・日本形成外科学会専門医
        ・VHOライセンス

      • 所属学会

        ・日本形成外科学会
        ・日本熱傷学会
        ・日本創傷外科学会
        ・日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会
        ・日本褥瘡学会
        ・日本口蓋裂学会

    • 医師窪 昭佳 (くぼ あきよし) 卒年2007
      • 専門分野

        ・形成外科一般

      • 取得資格

        ・日本形成外科学会専門医
        ・VHOライセンス
        ・JATECインストラクター

      • 所属学会

        ・日本形成外科学会
        ・日本熱傷学会
        ・日本手外科学会
        ・日本創傷外科学会
        ・日本褥瘡学会
        ・日本救急医学会
        ・日本航空医療学会

    • 医師大庭 まり子 (おおにわ まりこ) 卒年2014
      • 専門分野

      • 取得資格

      • 所属学会

        ・日本形成外科学会
        ・日本熱傷学会

  • 紹介時のお願い

    原則、緊急治療や緊急手術が必要な外傷・疾患、緊急性がなくても特殊な治療を要するものや、治療が困難なもの、特殊な検査が必要なものなども対象です。診療内容をご覧いただき、地域医療連携室にご連絡ください。

    ■熱傷に関しては広範囲のもの、深くて重症と思われるもの、顔面・陰部・手足など整容的・機能的に障害が生じると思われる部位や入院が必要と考えられるものです。また、小範囲であっても、体力や抵抗力の低い小児や高齢者、重篤な合併症がある方もご紹介下さい。治療後は、紹介元でフォローが適当と判断されましたら、紹介元にお返しするか、近隣の医療施設に紹介いたします。
    ■褥瘡に関しては、急性期高度医療を担う当医療センターでは、前述しました通り、外科的療法(切開排膿・デブリードマン、ポケット切開から再建術まで)が必要な方が主な対象となります。急性期を乗り越えたものの、手術による創閉鎖の適応にはならず、保存的治療が適当である場合、あるいはお看取りになると予想された場合は原則、紹介元にお返しします。紹介元に返せない場合は、近隣の適切な医療施設や福祉施設に紹介、あるいは在宅で治療を継続していただくことになりますので、紹介元の先生方にはご理解とご協力をいただきたくお願いいたします。医療圏内・医療圏外ともに相互の連携を大切にしたいと願っております。