ダヴィンチ(手術支援ロボット)による前立腺がん手術

ダヴィンチ(手術支援ロボット)とは

 従来の腹腔鏡手術と同じようにいくつかの小さい切開部を作り、医師の操作に従って内視鏡・メス・鉗子を動かして手術を行う内視鏡手術支援ロボットです。

患者さんの負担の少ない(低侵襲)手術を支援する医療機器でより安全に手術を行うことができます。ロボットというと「医師の代わりに手術を行う」イメージがあるかもしれませんが、実際は知識・技術を習得した医師が操作し正確に手術を行います。ダヴィンチ自身が勝手に動作することはありません。

ダヴィンチによる前立腺がん手術について

 ダヴィンチによる腹腔鏡下手術では小さな穴を数ヵ所開けて、内視鏡カメラや手術器具を挿入します。開腹手術よりも体を切開する範囲が少ないので術後の痛みが少なく、術後の回復が早くなります。

 従来の腹腔鏡手術よりも優れている点は手ブレが少なく、高精細な3D画像による立体視によって操作が容易となります。また細かい操作ができる鉗子の関節は360度回転できるので、体内の深い場所や狭い術野でも自在に動かせることが特徴です。