IMRT

強度変調放射線治療

IMRT
IMRT

強度変調放射線治療 intensity-modulated radiotherapy ; IMRTは最新の高精度放射線治療の一つです。 高精度放射線治療とは、目標の領域に高度な正確さ(高精度)をもって放射線を集中させて行われる治療方法のことです。
これまでの放射線治療では照射範囲におけるX線強度は均一でしたが、IMRTでは照射範囲内のX線強度を場所ごとに設定して照射することで、任意の線量分布を作ることが可能となりました。

正常臓器が腫瘍の近くに存在するがんでは、副作用が問題となりますがIMRTにより負担を軽減することが可能です。このため、IMRTは従来の照射法と比 較して、より負担の少ない“身体に優しい治療”と言えます。例えば、頭頸部がんは、従来の照射法では唾液腺、特に耳下腺が被曝することで唾液量が極端に減 少し、治療後も唾液量の回復はほとんどありませんでした。しかしIMRTでは耳下腺の線量を落とすことができるため、唾液量は一時的に減少するものの治療 後数カ月程でほぼ治療前の唾液量まで回復します。このように、IMRTはより効果的な照射方法であると考えています。  当センターではIMRTの専用機であるトモセラピーを導入し、IMRTに対応しています。

トモセラピー TomoHDA
トモセラピー TomoHDA