放射線治療

特色

放射線治療は手術、抗がん剤とともに“がんの3大療法”とされています。放射線治療は手術と同じく、がんとその周辺に対する局所治療です。局所療法のため 副作用が少なく、それも大部分は治療後一か月から二か月で自然に治まります。また手術と異なり臓器を摘出しないため、身体の負担が少なく、臓器を温存することができます。通常、放射線治療の適用となる疾患はほぼ全ての悪性腫瘍です。

また、放射線治療は外科手術、化学療法、ホルモン療法などと組み合わされ、集学的治療の一環として利用される場合もあります。身体にやさしい治療のため、高齢者や手術ができない方も受けることが出来、生活の質を維持できる治療と言えます。

放射線治療は100年以上前からがん治療に用いられ、長い歴史があります。近年放射線生物学や放射線治療機器、コンピューター等の発達により、急速に進歩しています。周囲の正常組織にはできるだけ放射線をあてず、がんにはより多くの放射線を照射することが可能となっています。これにより副作用の少ない放射線治療が実現しています。現在行われている治療技術として、画像誘導放射線治療(IGRT)、定位放射線治療(ピンポイント照射)、強度変調放射線治療 (IMRT)などの外照射や画像誘導小線源治療(IGBT)などの小線源治療があります。また、それ以外には陽子線治療や重粒子線治療などの粒子線治療や、ホウ素捕捉療法(BNCT)などの特殊な放射線治療もあり、特定の施設で治療を受けることが出来ます。

放射線治療件数

原発部位別 件数(件)
2017年 2018年
脳・脊髄

6

5
頭頚部 22 13
肺・気管支・縦隔 66 81
乳腺 121 107
食道 20 19
胃・直腸 29 29
肝・肝内胆管・膵 12 8
女性生殖器 52 30
泌尿器(前立腺を除く) 18 13
前立腺 82 74
骨髄・リンパ節 28 27
皮膚(外陰部を除く)・軟部組織 6 4
良性 4 2
原発部位不明 5 2
その他 3 3
合計 474 417

 

 

特殊治療 件数(件)
2017年 2018年
体幹部定位照射

6

9
強度変調放射線治療(IMRT) 146 118
腔内照射および組織内照射 24 22