看護部

看護師集合写真

統括看護部長からのメッセージ


平成26 年の病院分割・再構築による機能分割で、佐久総合病院グループは3 つの病院を中心とした医療を提供するようになりました。
新たに開院した佐久医療センターは三次救急や専門的な治療を中心とした医療に、一方の佐久総合病院(本院)と小海分院は保健・医療・福祉・介護を中心とした地域医療に取り組んでいます。その他の診療所や老人保健施設、訪問看護などでは地域に根差した医療を展開しています。
病棟ではすべての職場でPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入しています。パートナー同士が対等な立場で、互いの特性を生かし、相互に補い合う質の高い看護を提供しています。
施設ごとに担う役割は違いますが、それぞれの専門性を生かし、「農民とともに」の精神で地域のニーズにお応えできるよう取り組みを続けてまいります。
地域の皆さんに信頼される看護を提供するために人材育成は要です。当院の教育は一人ひとりが職業人として、組織や地域の期待する看護師像に近づけるような能力開発を目指しています。また個人のライフサイクルを考えながら、自己実現をサポートしています。
自分のやりたいことを実現できる場で、看護を楽しみませんか。

佐久総合病院の看護理念

私たちは佐久総合病院理念に基づき、農村および地域の尊い生命と健康を守り、すべての人々がその人らしく明るく生きられるように、看護をつうじて援助します。

平成29度 佐久総合病院グループ 看護部方針

看護部イメージ01

1 患者の尊厳と権利を尊重した看護を提供します      
2 それぞれの施設の役割に沿った、質の高い看護を提供します
3 多職種と協働し、患者中心のチーム医療を推進します    
4 キャリア開発を推進し、専門職としての看護実践能力を高めます
5 病院経営の健全化に積極的に参画します 

平成29年4月1日  統括看護部長 關 真美子

○平成29年度 佐久総合病院(本院) 看護目標

1 高齢者・認知症患者を理解し、安全で安心な看護を提供します
(1)高齢者・認知症患者を理解するために、個々の学習を深めます
(2)安心して自宅に帰れるために、生活に視点を置いた入退院支援を強化します
(3)新病棟の機能を充分に活用し、多職種連携によるチーム医療を推進します

2 自己の成長に向けて、目標を持ち主体的に学びます
(1)クリニカルラダーシステムを利用し、専門職として知識と技術を高めます
(2)PNSマインド、パートナーシップを理解し実践することで自己の成長を目指します
(3)MBOの実践により、自己実現を目指します

3 課題を明確にし、経営改善に取り組みます
(1)診療報酬に基づく加算算定の意識を高め、適正な算定を行います
(2)病床管理会議を活用し、効率的・効果的なベッドコントロールを行います
(3)応援態勢の仕組みを確立し、時間外労働の削減に努めます
(4)物品と時間と環境へのコスト意識をもち、経費削減を実践します

4 働きやすい職場風土をつくります
(1) 6S活動の推進により、気持ちの良い職場環境を作ります
(2) PNSにより、業務の調整能力を高め、効率的で効果的な業務を推進します
(3) 様々な働き方を認め合い、ワークライフバランスを充実します

平成29年4月6日作成   佐久総合病院看護部長 關 真美子
 

○平成29年度 佐久医療センター 看護目標

1 地域医療支援病院としての役割を更に充実させ、経営改善に貢献します
(1)各種加算の意味を理解し、患者にとって適切な医療・看護が提供できるよう、他職種との連携を深めます
(2)紹介・救急患者の受け入れをスムーズに行うために、ベッドコントロール・退院支援の充実を図ります
(3)経営改革PJの課題を共有し、解決に向けて取り組みます

2 チーム医療の充実をはかり、安全で質の高い看護を提供します
(1)病院機能評価結果を踏まえ、課題解決に向けて継続的に取り組みます
(2)チームの一員としての役割を果たすために、アセスメント能力を向上させ、看護実践につなげます
(3)他職種との倫理検討を推進し、倫理意識の高い組織文化の醸成を図ります

3 いきいきと働ける職場作りを推進し、仕事へのモチベーションの向上を図ります
(1)MBO面接、研修シラバスを活用し、キャリアプランニングの意識を高め、キャリア支援体制の充実を図ります
(2)PNSマインドの醸成を図り、相乗効果を期待できる環境を作ります

平成29年4月6日作成   佐久医療センター看護部長 井出 洋子

○平成29年度 小海三施設 看護目標

1 グループ病院や地域との連携を深め、多職種と協働し、患者中心の安全で質の高い看護を提供します
(1) 倫理指針を基本にし、事例検討を通し倫理的感受性を高め、患者の尊厳を大事にする組織作りをします
(2) 安全確認、手順を遵守した看護の提供をします
(3) 地域連携会議、多職種カンファレンスを通して協働し個別性の高い看護を提供します

2 教育システムを十分に活用し、専門職としての看護実践能力の向上を図ります
(1)キャリアラダーシステムとeラーニングを活用し、専門職としての知識・技術の習得を行い、アセスメント能力を向上させ看護実践につなげます
(2)MBO面接を通して自己実現をめざし、組織に貢献できるように成長します

3 安定した病院経営に積極的に参画し貢献します
(1) 地域・各部署と連携し適正なベッドコントロールを行い、退院支援を強化します
(2) ニーズに応じた看護ケアを提供し、各種加算の取得を行います

4 働きやすい職場作りに取り組みます
(1) WLBを充実するために、PNSの補完体制を活用し残務調整をスムーズにし、残業時間の短縮を図ります
(2) 接遇意識を高め、笑顔の挨拶がある職場環境を作ります

平成29年4月7日作成  小海3施設副看護部長 小林 由美子
 

看護部長からのメッセージ

佐久総合病院本院看護部長 関真美子

臼田の病院を私たちは通称「本院」と呼びます。
本院は病床数が309 床で一般病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟、精神科病棟や人間ドックで構成されています。住み慣れた場所で最後まで暮らしたいという方の思いに沿えるよう、地域の皆さんに信頼される医療を多職種チームで行なっています。地域では48人の訪問看護師、18人のケアマネジャーが活躍しています。老人保健施設や宅老所もあります。
健康管理センターではさまざまな地域へ健診に出向き、地域の健康管理のお手伝いをしています。
また国際保健医療科の活動も活発です。JICA ボランティアへの現職参加も認められています。国際保健医療に興味のある方は訪れてみてください。
とにかくいろいろな職場があります。自分の夢やライフワークに合わせた仕事を選ぶことが可能です。平成29 年3 月に新しい病棟「北病棟」が完成しました。
新しい環境のなかで一緒に地域に根差した医療を実践してみませんか?

佐久医療センター看護部長 井出洋子

佐久医療センターは救急・急性期医療、専門医療を担う紹介型の病院です。救命救急センター、脳卒中・循環器病センター、がん診療センター、周産期母子医療センターの4つの医療機能があり、それらに対応するため高度な診断機器を備えた高機能診断センターを設置し、患者さんを中心にさまざまな職種とチーム医療を行なっています。平成27年には、地域医療支援病院として承認され、救急医療の提供や地域の医療従事者に対する研修の実施など地域医療支援病院の役割を発揮しています。また、「農民とともに」の理念のもと患者さんの立場を尊重し、
満足いただける思いやりのある看護を実践しています。
教育面でもクリニカルラダーを充実させ、豊かな人間性を備えた地域に貢献できる看護職員の育成を目指しています。そして、看護の専門性を高めて質の高い看護を提供しています。20名以上の専門・認定看護師や学会認定のさまざまな資格を持った看護師が、モチベーションを高く持ち、活発に活動しています。
スタッフ皆で協力してやりがいのある、働きやすい職場作りをしています。皆さんも一緒に魅力ある病院でチーム医療を実践していきましょう。

小海分院副看護部長 細萱信予

小海線のディーゼル列車がカタコトとのどかな音を響かせます。八ヶ岳の東側に位置する、千曲川源流近くの自然豊かな地に小海分院、小海診療所、老人保健施設こうみがあります。

地域の中核病院として、皆さんが笑顔で過ごすことができるように、個人の尊厳や多様性を尊重し、信頼される看護の提供を目指していきます。また、「優しさ・安全・信頼・憩い」を掲げ、他職種で協働し、自治体や関係機関などさまざまな皆さまと連携をし、地域の医療・介護の充実をはかります。
 

施設概要

佐久総合病院本院

● 所 在 地 〒384-0301佐久市臼田197

● 病 床 数 一般病棟
(人間ドック33床含む) 159床
地域包括ケア病棟 40床
回復期リハビリ病棟 40床
心のケアセンター 70床
(精神科病棟・認知症デイケア・
精神科デイケア・訪問看護ステーション)
合計 309床

● 入院基本料 一般病棟 10対1
地域包括ケア病棟 13対1
回復期リハビリ病棟 13対1
精神科病棟  15対1

● 関連施設 ・佐久老人保健施設 94床
・健康管理センター
・訪問看護ステーション 2ヵ所
(うち 居宅支援事業所併設 1ヵ所)
・サテライト 3ヵ所
・精神訪問看護ステーション 1ヵ所
・居宅支援事業所(単独) 2ヵ所
・宅老所「やちほの家」

(平成30年4 月1 日現在)

佐久医療センター

施 設 概 要
● 所 在 地 〒385-0051 
長野県佐久市中込3400番地28

● 病 床 数 一般病棟  372床
救命救急病棟 15床
EICU 5床
GICU 16床
HCU 20床
NICU 6床
GCU 12床
感染症病床 4床
合計 450床

● 入院基本料 一般病棟 7対1
救命救急病棟 4対1
EICU 2対1
GICU 2対1
HCU 4対1
NICU 3対1
GCU 6対1

(平成30 年4 月1 日現在)

小海3施設

小海分院

● 所 在 地 〒384-1103 
長野県南佐久郡小海町大字豊里78

● 病 床 数 一般病棟
(地域包括ケア病床8床含む) 50床
医療療養型病棟 49床
合計 99床

● 入院基本料 一般病棟 10対1
(地域包括ケア病床含む)
医療療養型病棟 20対1

小海診療所

● 所 在 地 〒384-1102
長野県南佐久郡小海町小海4269-9

● 関連施設 訪問看護ステーション 1ヵ所

老健こうみ

● 所 在 地 〒384-1102
長野県南佐久郡小海町小海4487-1

● ベッド数 80床

(平成30 年4 月1 日現在)