育児のための短時間勤務制度について

育児のための短時間勤務制度とは

短時間勤務制度とは、週30時間(通常勤務40時間)以上の勤務で正職員として働き続けることができる制度です。

「もうすぐ育児休暇明けで仕事復帰をするけど育児の時間も確保したい…」 「育児が一段落したら、また正職員として働きたいと考えている。」

このような職員の方にぜひご活用していただきたい制度です。

 

≪対象者≫
小学校就学前の子供を有する正職員

≪取得期間≫
職員一人当たり通算6年間

≪働き方≫
●パターン1 : 1日の労働時間を短くする働き方
●パターン2 : 就業日を指定する働き方
など個人の育児、ライフタイルに合わせた働き方をすることができます。