リハビリテーション

がんのリハビリ

佐久総合病院グループ

がんの治療法の進歩に伴い、がんを克服する方、がんがありながらも長く生きる方が増え、「がんと闘う」時代から、「がんと共存する」時代になってきています。そのため、がんと診断されたあと、希望する治療を十分受けられる状態を維持すること、また、がんの治療をしながらも、自分らしい生活を継続できることが非常に大切です。そのためには、リハビリテーションの存在が欠かせません。

がんそのものやがんの治療過程でさまざまな障がいが生じる可能性があります。予防は治療に勝ると言われており、がんと診断されて早い時期からその後に生じる障がいを予測し、その障がいを最小限にしていくためのリハビリテーションが重要です(予防的リハビリテーション)。治療が始まると、それによりさまざまな障がいが起こることがありますが、なるべく変わらない生活を送れるように、治療によって生じた機能低下を速やかに回復する必要があります(回復的リハビリテーション)。

佐久総合病院グループ

がんの進行や再発に伴い機能障害が進行しつつある場合にも、運動能力の維持・改善を試みます。また、補装具や福祉用具を上手に利用したり、動作のコツを習得することで、なるべく自立した生活を維持していきます(維持的リハビリテーション)。また、残念ながら治療の効果が十分得られず、積極的な治療が受けられなくなった時期でも、患者さんの要望に応じて、症状の緩和やその時期における最高の日常生活動作を実現する等のサポートが可能です(緩和的リハビリテーション)。このように、どの時期の、どのような症状の患者さんにも、その患者さんの状態により、目標や内容を工夫して、リハビリテーションは関わることが可能です。