在宅緩和ケア

特徴

「住み慣れた自宅で、できるだけ長く、苦痛なく過ごしたい」
その思いをスタッフにお伝えください。病院で受けている特殊な治療以外は自宅でも継続が可能です。点滴治療・在宅酸素療法・持続の鎮痛薬の使用など必要に応じて行いながら自宅で治療を続ける事が出来ます。
がんに伴う苦痛が十分に緩和され、ゆったりと安楽に生活できるように、医師の定期的な訪問診療に加え、訪問看護師もお伺いし自宅での療養生活をサポートします。

佐久総合病院グループ

在宅緩和ケアを希望される場合は

在宅緩和ケアを希望される場合は、まず主治医にご相談ください。
訪問診療エリア:佐久市内