通院治療センター

通院治療センター

佐久総合病院グループ

「がん」の治療は、手術・化学療法・放射線療法を組み合わせて治療していきます。通院治療センターは、化学療法(抗がん剤治療)などを外来通院で行える場所となっています。
通院治療センターは、薬剤師、看護師が協力して患者さんへ点滴治療を行っています。看護師は安全、確実に点滴治療が受けられるよう、点滴の投与管理を行っています。また、薬剤によって起こる副作用へのセルフケア方法についてお伺いし、日常生活で行えるアドバイスなどの援助を行っています。薬剤師は、使用薬剤の管理と、患者さんへ使用する薬剤の調製を行っています。さらに、すべての患者さんへ薬剤指導を行い、副作用に対する支持療法を確認し、治療が円滑にできるよう支持しています。また、通院治療センターには、がん専門薬剤師、がん化学療法看護認定看護師が所属しており、治療が始まるときや、副作用などで困った際などの電話対応や、面談対応を行っています。

佐久総合病院グループ

外来で治療を受ける患者さんは、日常生活の場に戻る事ができますが、薬の副作用などで、日常生活に支障があることに「つらさ」を感じられる方も多くいます。点滴や内服治療に対する不安、薬による副作用の不安、将来の不安などを感じられています。さらに、経済的不安や、家族への負担など様々な問題も抱えています。その中でも、患者さんは治療を受けて、薬の副作用に対応しながら日常生活を行わなければなりません。

通院治療センターでは、治療を受けている患者さんや、ご家族が抱えている不安、悩み、つらさを少しでも軽減して、日常生活を送りながら治療を継続できることを目指しています。そのために、医師・薬剤師・看護師・医療ソーシャルワーカーなど、医療スタッフが皆で協力して支援を行っています。