乳がん

乳がん

乳がんの治療は、①乳がんがある乳房と腋窩(腋の下)のリンパ節に対する治療と、②再発を予防する(減らす)治療の2つからなります。

乳がんの治療は、①乳がんがある乳房と腋窩(腋の下)のリンパ節に対する治療と、②再発を予防する(減らす)治療の2つからなります。

 手術と放射線療法からなります。
手術には乳がんのあるところだけ取り除き乳房を残す乳房温存術と、乳房をすべて取り除く乳房切除術があります。乳房内のがんの拡がりの程度によって乳房温存術ができるかできないかが決まります。乳房切除術になる場合には、乳房と同じような形、大きさの膨らみを手術で作る方法があり、乳房再建と言います。乳房温存術、乳房切除術、どちらも治る率(生存率)は同じです。
 乳房温存術では手術後に放射線の治療が必要です。通常5~6週間かかりますが、短縮できることもあります。乳房切除術では放射線の治療はしないことが多いですが、リンパ節転移が多い等ややがんが進行している場合には行います。
 乳がんは早い時期に腋窩のリンパ節に転移を起こしますので、以前はリンパ節はすべて取り除きました(郭清と言います)。しかし、郭清すると腕がむくむ等の後遺症を起こすことがあるため、この頃は腋窩のリンパ節に転移あるかどうかを手術中に調べる方法(センチネルリンパ節生検)が行われています。転移がない場合は郭清することによる後遺症を避けることができます。

再発を予防する(減らす)治療

ホルモン療法と化学療法(抗がん剤)があります。がんの性質、薬が効きそうかどうか、再発の危険性、年令、御本人の希望を考えて治療の内容を決めます。再発の危険性はリンパ節転移の有無、がんの大きさ、がんの性質などから推測します。
ホルモン療法は、がんの性質の1つであるホルモン受容体を調べることによって、効くかどうかがわかります。閉経前か閉経後かによって使用する薬剤、期間が異なります。化学療法も再発の危険性、年令等により使用する薬剤、期間が異なります。